「オッパイかと思ったら野郎のケツだった」というイタズラ動画が話題に

ロケットニュース24 / 2012年2月13日 0時0分

「オッパイかと思ったら野郎のケツだった」というイタズラ動画が話題に

映像付きのチャットをしてたら、相手の女性が突然「アッハァ~ン」と発情し始め、胸部のブラジャーをまさぐり始めた! もしもそんな場面に直面したら、男性の貴方はどう思うだろうか?

おそらくほとんどの人が、「お……」と思い、まじまじと静かにパソコンの画面を見つめるはず。興味なさ気なフリをしつつ、これ以上ないレベルの真剣な眼差し(まなざし)で。しかし、もしもそれが「野郎のケツだったとしたらどうなるのか的な動画」が話題になっているのだ。

動画のタイトルは「hilarious fake boobs prank」。舞台はチャット。それもwebカメラでお互いの顔が見えるというビデオチャット形式だ。女性と思しきユーザーを映す画面には、下着姿の胸部分ドアップ映像が……。

しかも自ら、ブラ上から胸をサワサワといじくっている。なんという破廉恥な女性……と思いきや! カメラは一気にズームアウトし、四つん這いになった半裸の男が映るのだ。そう、おっぱいだと思っていたのは野郎のケツだったのである。

このイタズラに対し、ひっかかった男性たちのリアクションは様々だ。だいたいが力なく笑うが、相当ムカついてチャットを終了させる者もいる。気持ちはわかる。ふざけんな!だ。

素顔の見えないインターネットでの交流。イイカンジの女性と出会い、イイカンジな雰囲気になったとしても、絶対に気を抜いてはならない。絶対にこちらの本性を見せてはならない。なぜならそのイイカンジの女の人は、あなたをハメようとする男なのかもしれないのだから。
参照元:Youtube blaampl

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング