自分がペットになったらどんな犬や猫になる!? ネットでできる『妄想飼い主診断』がおもしろい

ロケットニュース24 / 2012年2月13日 17時0分

自分がペットになったらどんな犬や猫になる!? ネットでできる『妄想飼い主診断』がおもしろい

あなたは、友だちや恋人と「もし動物になるとしたら犬と猫、どっちになりたい?」という会話をしたことはないだろうか? 記者の経験でしかないが、男性は犬になりたい人が多く、女性は猫になりたい人が多かったように思う。

犬は活発に激しく活動し、「飼い主から愛情をもらいたい」という強い欲求があるイメージがある。猫は自由奔放なうえに気分屋であり、飼い主はいるけれど関係に一定の距離を置き、決して媚びることをしないイメージがある。あなたや周囲の同僚、友だち、恋人は犬と猫のどっちを選ぶだろうか?
 
・「もし動物になったら」という会話でよくあるパターン
彼女 「マーくんは犬と猫ならどっちになりたいのぉ?」
彼氏 「うーん、猫かなあぁ~♪」
彼女 「どうしてぇーん?」
彼氏 「猫になればずっと家の中でミミたんと一緒にヌクヌクできるっしょお~☆」
彼女 「いやんっ♪ もうっ☆」
彼氏 「こうやってヌクヌクしたいっ!」
彼女 「ああん♪」 ブチューーー
 
「もし動物になれるなら犬と猫のどっちになりたい?」「もし犬や猫になるならどんな種類の犬や猫になる?」、「どんな飼い主があなたにピッタリ?」という3つの診断がわかるウェブサービスが、『いぬのきもちWeb』と『ネコノキモチWeb』で公開されて話題となっている。

その診断サービスは『妄想飼い主診断』といい、質問に答えていくだけで「なりたい動物」や「自分に適した犬や猫の種類」、「自分に適した飼い主」がわかるのである。記者も試しにやってみたところ、動物は「犬」、犬の種類は「土佐犬」、飼い主は「チャンピオンボクサー」となった。マジですか!? 土佐犬になるとは……!

あなたも、自分がどんな種類の犬や猫になるのかをチェックしてみてはいかがだろうか? もしかすると、意外な種類の犬や猫になるかも……。記者としては土佐犬よりビーグルになりたかったなぁ……。診断結果をTwitterやFacebookで知人に教えることも可能である。

ちなみに『妄想飼い主診断』は、米国の総合ペット用品ブランド『Hartz』が『いぬのきもちWeb』とタイアップして作ったサービスのようだ。動物を飼っている人ならだれでも知っているブランド? 記者は知らなかった。
 
参照元: 妄想飼い主診断

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング