栓抜きがないときにビール瓶を開ける方法を試してみた / iPhoneで開けることも可能

ロケットニュース24 / 2012年2月13日 19時32分

栓抜きがないときにビール瓶を開ける方法を試してみた / iPhoneで開けることも可能

「ビール買ってきたぞ飲むぞオラァーッ!」と威勢よくビールを飲もうとしたのはいいものの、肝心の栓抜き(センヌキ)がない……。どこかにあったはずだけど、いくら探しても見つからない……。そんな経験、皆さんにも何度あるのではないだろうか? これではフタ(王冠 / 栓)を開けられない……。

実は、ビール瓶は栓抜きがなくても開けられるのである。もちろん栓抜きで開けるのがベストであり、栓抜き以外のもので開けるとなると「リスク」が生まれるのだが……。今回は、いくつかの「栓抜きがないときにビール瓶を開ける方法」をご紹介したいと思う。たとえば、iPhoneで開けることも可能なのだ。
 
・ビール瓶でビール瓶を開ける
ビール瓶をビール瓶で開ける方法がある。ビール瓶Aのフタをビール瓶Bのフタにくっつけて、こじ開けるように持ち上げると片方のビール瓶のフタが開くのである。これは世界各国でポピュラーな開け方であり、栓抜きがない場合によくやられている。

しかし、ひとつだけ問題がある。フタがついているビール瓶じゃないとビール瓶を開けられないため、最後に残った1本はフタを開けられないのだ。そういう場合は、以下の方法で開けるといいだろう。
 
・スプーンでビール瓶を開ける
スプーンのヘラの部分をビール瓶のフタのカサの部分に突っ込んで、こじ開けるように力強くスプーンを持ち上げるとビール瓶のフタを開けることができる。ヘラではなく柄の部分でも開けられるが、ヘラの部分よりテクニックとパワーがいる。
 
・iPhoneでビール瓶を開ける
iPhone4やiPhone4Sでビール瓶を開けることができる。iPhone4Sの本体を裏返しにし、背面の上部側面をビール瓶のフタのカサの部分に突っ込む。ビール瓶を握る手でiPhone4Sの上部を固定しつつ、こじ開けるように思いっきり力を入れてiPhone4Sを持ち上げる。すると、ビール瓶のフタを開けることができる。

しかし、この方法はiPhone4Sが傷つく可能性があるのでオススメすることができない。ちなみにiPhone3GSでも開けることは可能で、そっちのほうがiPhone4Sより開けやすいし傷がつきにくい。
 
……と、いくつかのビール瓶の開け方を紹介してきたが、栓抜きがないシーンのほうが少ないのであまり使いどころはないかもしれない。しかし、有事の際には栓抜きがないことも考えられるので、このようなサバイバル術を覚えておいて損はないだろう。

Photo: RocketNews24.
Correspondent: Kuzo

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング