カチカチ山に登ったら富士山がデカデカと一望できて感動した件

ロケットニュース24 / 2012年2月14日 16時0分

カチカチ山に登ったら富士山がデカデカと一望できて感動した件

有名な昔話「かちかち山」、その舞台となった山「カチカチ山」が、山梨県は河口湖付近にあるのをご存じでしょうか。なんでも、背に火をつけられたタヌキは「アチチ」と叫びながら、河口湖に沈んでいったそうなのです。

もちろん、筆者はこの昔話を知ってはいましたが、舞台がこの場所だとは現地で初めて知りました。

さて、この「カチカチ山」=天上山は、標高1075メートルで、ロープウェイで頂上に行くことが可能です。早速筆者も往復700円を払ってカチカチ山に登ってみることに!

すると……なんてことでしょう! あの日本を代表する富士山や河口湖が360度のパノラマで見られるではないですか!これはヤバい! 東京からめっちゃ近くて、こんな素晴らしい場所があったとは!

すぐに「かちかち山」の舞台であったことは忘れてしまい、筆者も他の観光客と同様にカメラに夢中になってしまいました。

なお今のシーズンは非常に寒く厳しい気候ではありますが、空気はとても澄んでいるので、行くなら今の時期が一番かもしれませんよ。

photo:rocketnews24

参考リンク:カチカチ山

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング