ソフトバンクモバイルがauにケンカを売っているように見える件

ロケットニュース24 / 2012年2月18日 2時9分

ソフトバンクモバイルがauにケンカを売っているように見える件

東京・渋谷駅のビルの壁には、ソフトバンクモバイルとauの巨大な看板が設置されている。ソフトバンクモバイルの看板では、お父さん犬が契約者プレゼント用の自転車を紹介している。au側の看板には、スマートフォン『ギャラクシー S II』の宣伝が載っている。

その看板の内容があまりにも意味深なものとなっているため、「ソフトバンクはauにケンカ売ってるだろ(笑)」と話題になっているのだ。いったいどういうこと!?

ソフトバンクモバイルとauの巨大看板が並んで掲示されているのだが、ソフトバンクモバイル側の看板に「タダなら欲しいぞ」と書いてあり、あたかもauの『ギャラクシー S II』に対してコメントしているように見えるのである!

実際に渋谷の両看板を見てみたのだが、お父さん犬がauの看板のほうを向いているため「auのギャラクシーがタダだったらもらってやらなくもない」と言っているように解釈することもできる……かも!? これは偶然の一致なのか? それとも巧妙な両社の作戦なのか? いや、au側がオチとして落とされているため、auが仕組んでいるはずがない……。真相は謎のままである。

Photo: RocketNews24.

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング