トルコのランボーが放つロケットランチャーがショボすぎると話題に

ロケットニュース24 / 2012年2月19日 10時0分

トルコのランボーが放つロケットランチャーがショボすぎると話題に

映画『ランボー』といえば、シルヴェスター・スタローン主演のアクション映画。ベトナム帰還兵であるランボーが、様々な武器を使い分けて敵を蹴散らしていくという、爽快ながらも内容としては考えさせられる名作である。

そんなランボーのトルコ版、『RAMPAGE (Korkusuz)』と題された映画が、かっこよさげに見えてショボすぎると話題になっている。

YouTubeにアップされた動画「RAMPAGE (Korkusuz) – TURKISH RAMBO Rocket Launcher」では、何がどうショボいのかがバッチリと確認できる。りりしいトルコ版ランボーは、正義のために戦っている。主な武器はロケットランチャー。何度も何度もロケットランチャーで敵をぶっとばしていくのだが、そのロケットランチャーからロケットが放たれる瞬間……

「しゅぽっ」

と、迫力もクソもへったくりもない、なんとも間の抜けた音がするのである。このカタチのロケットランチャーならば、「シュッゴォォォオオオオオオオ!」という効果音がふさわしい。しかし、何度やってもトルコのランボーが放つロケットランチャーは「しゅぽっ」なのである。

ちなみに記者(私)はカンボジアにてソ連産ロケットランチャー「RPG」をぶっ放したことがあるが、その時感じた効果音としては「ジュボ……シュッッゴォォォオオオオオオオオオオオオオオオオオーッ! …………ドッカーン!」である。決して「しゅぽっ」ではない。

参照元:Youtube DarkMazeStudios
執筆:GO羽鳥
この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング