これは画期的! 世界で初めて「家庭用燃料電池」で生放送を実現!!

ロケットニュース24 / 2012年2月27日 14時0分

これは画期的! 世界で初めて「家庭用燃料電池」で生放送を実現!!

大阪のラジオ放送局がいままでにない、まったく新しい放送の形にチャレンジしたようだ。同局は2012年2月25日午後1時30から1時間半の放送を、家庭用燃料電池だけでまかなったのである。一般電源を使わずに家庭用燃料電池だけでの放送は、いままでに例がなく世界初となる。

これはエコロジーな取り組みの大きな一歩であり、省エネへの関心がさらに高まるきっかけになるかもしれない。

この試みを行ったのは、大阪ABCラジオ(朝日放送)だ。同局は大阪ガスと協力し、万博公園にある大阪ガスショールーム「生活誕生館DILIPA千里」で同日の公開生放送『ドッキリ! ハッキリ! 三代澤康司です』を行った。

この日の放送は、家庭用燃料電池「エネファーム」で作った電気だけを使用しており、すべての機材をこれ一台でまかなったという。エネファームとは、天然ガスから水素を取り出して発電を行う家庭用発電システムである。発電時の熱でお湯を沸かすこともできるため、エコロジーかつ経済的と注目を集めている。

会場となったショールームには、公開放送を見ようと500名が足を運んだ。来場者は放送を楽しむと共に、エネファームにも高い関心を持っていたようだ。太陽光発電と併用することで光熱費を節約できるとあって、特に主婦は興味を示していたようである。

ちなみに1時間半の放送で、CO2排出量を約64g、通常の放送よりも約40%削減を達成したとのことだ。これを機に、環境にやさしい放送環境作りが促進され、家庭でも省エネ意識が高まることを願う。

参照元:エネファーム

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング