『ふらんす亭』や『ステーキけん』の社長・井戸実氏が引退を表明「僕も間もなく引退する」

ロケットニュース24 / 2012年3月1日 21時20分

『ふらんす亭』や『ステーキけん』の社長・井戸実氏が引退を表明「僕も間もなく引退する」

『ふらんす亭』や『ステーキハンバーグ&サラダバー けん』、『とんかつ&サラダバー よしかつ』の代表取締役社長・井戸実氏が、インターネット上で「僕も間もなく引退する」と発言し、事実上の引退表明をしていたことが判明した。

井戸社長は、現在34歳という若さで大企業の社長に就いており、インターネット上で豪快なコメントをする人物としても有名。彼は2001年に『牛角』を運営するレインズインターナショナルに入社し、どんどん転職を重ねてスキルを磨いていった。2006年に自身の会社・エムグラントフードサービスを作って現在に至る。

そんな井戸社長が、自身の公式ブログに「僕も間もなく引退するのでそのカルチャーを残せる後継者を探さなくてはなりません。僕は『当社は人材教育に力を入れてます。』みたいな会社が嫌いです。気味が悪いです。『仲良く楽しく』一番大事な指標はそこにあると思います」と書き込みをし、近い将来に引退をすることが判明したのである。

井戸社長は客を客とは思わぬ豪快なコメントをTwitterやブログに書き込みし、物議をかもすことが多い人物だ。反感を買うことが多々あるが、そんな彼に多くのファンがいるのも事実。引退後もTwitterやブログに豪快な書き込みが続くのか、今から気になるところである。また、後継者が誰になるのか注目が集まるところだ。

参照元: ロードサイドのハイエナのブログ
image: rocketnews24.


この記事をロケットニュース24で読む

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング