SONYのアンドロイドアプリが次世代すぎて笑った / ケータイで別の場所を遠隔操作

ロケットニュース24 / 2012年3月2日 20時0分

SONYのアンドロイドアプリが次世代すぎて笑った / ケータイで別の場所を遠隔操作

SONYのアンドロイドアプリが「次世代すぎる」と話題になっている。そのアプリの名は『DOT SWITCH』といい、アンドロイド対応のスマートフォンやタブレットPCから別の場所にあるものを遠隔操作できるのである!

もう少し詳しく説明しよう。まずスマートフォンで『DOT SWITCH』をダウンロードしてインストール。そして専用のIDを取得し、パソコンで『DOT SWITCH』公式サイトにアクセス。

そこで公式サイトとスマートフォンを同期させるのだが、パソコンから発せられる音をスマートフォンに認識させて同期させてもいいし、IDをパソコンに打ち込んで同期させてもいい。

スマートフォンと『DOT SWITCH』公式サイトの同期が完了すると、ここからがスゴイ! パソコン画面にはリアルタイムで「どこかのスタジオ(広場)の映像」が映し出されているのだが、スマートフォンを使って、そのスタジオに対して干渉することができるのである!

たとえばスタジオ内にあるテレビ画面に自分のTwitter IDを表示させたり、カメラを操作してアングルを変更したり、ほかにもいろいろと自分の手によってあらゆる「干渉」をして「影響」を与えることができるわけだ! ヤッベーッ! なんていうか近未来ッ!
 
Photo: RocketNews24.
参照元: 『DOT SWITCH』公式サイト

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング