どう見てもモップな犬

ロケットニュース24 / 2012年3月6日 6時0分

どう見てもモップな犬

何コレェェェ!? モップが! 掃除用のモップが歩いて走ってジャンプしている!! 最近では、お掃除ロボットなどが家庭に普及しているが、まさかモップまで?

だがよく見てほしい。垂れ下がる毛の下からはつぶらな瞳がチラリ。思わずキュンとしちゃうのではないだろうか。このどう見てモップな物体は実は可愛くて賢いワンコなのである。

このモップにしか見えない不思議ワンコはハンガリー原産の「コモンドール」という犬だ。すでに9世紀には文献に登場している最も古い犬種のひとつである。大型だが大人しく、家畜を守る護畜犬として古くから人間と共に歩んできたワンコなのだ。

彼らのモフモフっぷりには秘密がある。ぱっと見はわからないが、彼らの毛は三層構造になっている。その厚い毛は寒さから身を守るだけでなく、ときに野生のオオカミなどの牙から身を守ってくれる。まさに鎧なのだ。賢さとこの防御力の高さから畜産農家の頼れるガードマンとしての役目を担ってきたのである。

それにしてもモフモフ。長い毛をなびかせて走る姿はユニークでキュート。ちょっと笑ってしまうが、コモンドールは人間が鑑賞するためだけにモフモフになったような軟弱野郎ではない。その毛は見た目も実用性もバッチリなかっこいいワンコちゃんなのである。

参照元: tt.mop.com(中国語)

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング