ニセモノ天国中国に「ニセバス」登場! 2カ月間も運行し続け金を強奪

ロケットニュース24 / 2012年3月9日 13時0分

ニセモノ天国中国に「ニセバス」登場! 2カ月間も運行し続け金を強奪

「気付けよッ!」と言いたくなるような、驚くべきニセモノ事件が中国で発生しました。今回話題になっているニセモノとは、バスのニセモノ。2カ月間も運行し、100人もの乗客から金を奪い続けていたそうです。どうして気付かなかったんでしょうか? どうやら犯人たちはバレないように一策講じていたようですよ。

この事件は、広東省深川市で発生しました。犯人グループの4人は、2011年末に廃車になったバスを4万元(約52万円)で取得。市バスと同じ黄色に塗り替えて、868番線の運行ルートを走行していました。

それだけではではニセモノであることがバレてしまうので、他のバス会社からナンバープレートを強奪。そして深夜だけ走っていたそうです。暗闇であれば、外装の違和感を隠せると考えたのではないでしょうか。

何も知らずにこのバスに乗車した客は、乗った直後に犯人に暴行を受け、金を奪われた後に人通りの少ない場所に放置されていたとのこと。この2カ月被害届が相次ぎ、2012年3月4日警察は道端に駐車されていたニセバスを発見。犯人グループの身柄を確保しました。

それにしても、犯人グループはどうして2カ月間も運行を続けたのでしょうか。同じルートを走っていたら、いずれバレることがわかりそうなものですが……。いずれにしても犯人が逮捕されてよかったですね。やっぱり中国からニセモノがなくなることはないのでしょうか? 若い女性はニセモノ離れしているはずなのですが……。

参照元:auto.21cn.com(中国語)

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング