【旅人の悩み】どこの国に行ってもハングル文字ばかりで萎える / 雰囲気ぶち壊し

ロケットニュース24 / 2012年3月15日 15時0分

【旅人の悩み】どこの国に行ってもハングル文字ばかりで萎える / 雰囲気ぶち壊し

「どこの国に行ってもハングル文字ばかりで萎える」と語るのは、休みになればバックパックを背負って海外旅行するというサラリーマンのAさん(29歳)。Aさんはアジアやヨーロッパをメインに旅することが多いらしい。

そんな彼がいつも旅先で嫌な気持ちになることがあるという。その理由は「どこの国に行ってもハングル文字ばかりで萎える」というもの。彼は韓国が嫌いじゃないし、韓国料理も好きだし、韓国人の親友もいるし、KARAもカワイイと思っている。今回の問題は、それとは別問題なのだという。
 
「10年前はここまでひどくありませんでした。ここ2~3年のうちにいろんな国にハングル文字が溢れるようになってきて、特にネパールのポカラはヤバイですよ。現地人が個人経営で営んでいるレストランやホテルにもハングル文字が書かれているのです。ここは韓国の町かと思うほどハングルだらけのところもあります」(Aさん 談)
 
なるほど。でも、それってただ単に韓国人の観光客が増えたからそうなっているのでは? とても自然なことだと思ったのだが、ハングル文字が増えたのには別の理由もあるらしい。

その理由をAさんは「ネパールの現地人に、どうしてハングル文字だらけになってるの? って聞いたんですよ。そうしたら驚くことを言ってました。韓国人はホテルやレストランに、ハングル文字を導入するように強く言ってくることがあるのだそうです。ホテルの看板も、レストランのメニューにもね。そうすれば客がたくさんくるぞって。経営にも口を出してくることがあるらしいのです」と語っている。

確かに、ネパールに行ったのにハングル文字だらけだと「あれ?」と思ってしまうかもしれない。それが日本語だとしても同じはずだが、急激にハングル文字が増えてきたために旅行者の目につくようになってしまったのだろう。

「とある中国人の旅行者は私に、韓国人はあらゆる国にコミュニティーを作ろうとして、ハングル文字を目立つように看板に書いて存在をアピールしようとしていると言ってました。異国がハングルだらけになることによって、情緒あるその国の良さが消えているように感じてしまうのは、旅人の勝手な考えでしょうか?」(Aさん 談)
 
Photo: RocketNews24.

■関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング