【新しいiPad】ハワイのアップルストアに密着取材 / 世界でいちばん遅く発売される店

ロケットニュース24 / 2012年3月17日 10時0分

2013年3月16日、世界中でいっせいに販売が開始された『新しいiPad』。すでに皆さんの手には『新しいiPad』があるのではないだろうか? えっ? 次の iPad まで買わない? なるほど、今回は購入をスルーした人もいるだろう。

時差の関係で日本がいちばん早く販売が開始された国になったが、アメリカのハワイ州は日本との時差が19時間あり、「世界でもっとも販売が遅い地域」となっている。今回は、そんなハワイのアップルストアに密着取材をし、『新しいiPad』が売られるまでをレポートしたいと思う。
 
・2012/03/16/03:00~04:00
今回、記者が向かったのはハワイ・オアフ島にあるアップルストア ロイヤルハワイアン店。記者は取材を兼ねて『新しいiPad』を2台購入することにした。どちらも4G(AT&T)で、自分と同僚のもの。深夜03:00に店舗に向かったところ、すでに4人が並んでいた! ハワイに住む青年たちである。
 
・2012/03/16/03:00~04:00
ポツリポツリと並ぶ人たちが現れてきた。電車なんてないしバスも走っていない時間帯なので、タクシーで来る人が数人いた。日本のように寒くないので、並んでいてもまったく苦にならない。むしろ風が気持ちイイ! アップルストア店内では、スタッフが『新しいiPad』のディスプレイセッティングをしている。
 
・2012/03/16/05:00~06:00
続々とハワイの住民たちが詰めかけてきた。あまりにも人が多くなってきたため、ジョギングをしている人たちが足を止めてケータイで撮影をしていた。日本人観光客も驚いたようで「あぁ! 新しいiPadか!」と言っている人がいた。整理券を配るという情報が、スタッフから並んでいる人たちに伝えられる。途中、パラパラと雨が降ってきたがすぐにやんだ。
 
・2012/03/16/06:00~07:00
すでに100人以上が並んでいるようだ。スタッフは先頭からひとりひとりに色、容量、WiFiか4Gか、AT&Tかベライゾンかを聞き、整理券を渡していった。8:00から販売を開始するという。ひとり2台まで購入でき、チビッ子を連れてきて4台分の整理券を手に入れている人もいた。スタッフからお菓子やパン、スターバックスコーヒーの紅茶などが配られ、客たちから歓声があがった。
 
・2012/03/16/08:00~08:30
スタッフがカウントダウンはじめ、8:00ジャストに大きな歓声とともに客がアップルストア内に入っていった。整理券には客が欲しい『新しいiPad』の種類が書かれているので、整理券を渡すだけですぐに購入できる。記者は5番目だったので、入店後にすぐ購入することができた。ハワイは常夏なので、行列に5時間並んでいてもまったく苦にならなかったのが印象的だった。これならまた並びたいものである。
 
……といった感じでハワイでも無事に『新しいiPad』が販売された。アップルストア ロイヤルハワイアン店には日本語を話せる男性スタッフがひとりだけおり、彼のおかげでかなりスムーズに購入できた。彼とすべてのアップルスタッフに感謝したい。

Photo: RocketNews24.
Correspondent: Kuzo


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング