当時にタイムスリップしたみたい! 古代ローマ人の気分を味わえる3DCG映像がスゴイ

ロケットニュース24 / 2012年4月2日 2時0分

当時にタイムスリップしたみたい! 古代ローマ人の気分を味わえる3DCG映像がスゴイ

古代ローマ帝国は、遠い昔に存在したイタリア半島から地中海にまたがる巨大な帝国であり、西暦320年頃に最も栄華を誇っていたといわれています。

今回ご紹介するのは動画サイト『vimeo.com』に投稿されている、この時代のローマ古代都市を3DCGで再現した動画『Rome Reborn 2.2: A Tour of Ancient Rome in 320 CE』。コロッセオやパンテオンなど誰もが知っている名所はもちろんのこと、当時の街の様子がどのようなものであったかを知ることができる、非常にリアルな映像です。

動画を製作したのは、ローマの古代都市を3Dデジタルモデルで再現する国際的プロジェクト『Rome Reborn』。『Rome Reborn 2.2: A Tour of Ancient Rome in 320 CE』は、過去同じ目的で同団体により製作された映像をさらにレベルアップした、最新バージョンとなっています。

文献でしか知ることのできなかったローマ帝国を、妙な先入観を持つことなくすんなり受け入れることができる。こちらの映像を見ていると、自然とそうなるような気がします。だってまるで、自分が古代ローマ人になったか、もしくは当時にタイムスリップしたかのような気分になってしまうのですから!

ここにはたしかに人が生きていて、街が生きていた。それを肌で実感できるということは、かの地に興味を深めることに自ずと繋がるのではないでしょうか。それではみなさま、優雅な古代ローマ都市散歩を、ゆっくりとお楽しみくださいませ。

寄稿:Pouch
参照元:vimeo.com


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング