心に響く言葉がいっぱい詰まった歌! 今の日本について歌った『スーパーヒーロー』動画がネットで話題に

ロケットニュース24 / 2012年4月6日 13時0分

心に響く言葉がいっぱい詰まった歌! 今の日本について歌った『スーパーヒーロー』動画がネットで話題に

現在ある動画が、日本の人々に様々なメッセージを発信している。

「『スーパーヒーロー』 匿名企画 ANONS PROJECT(アノンズプロジェクト)」というタイトルの動画には、その名の通り匿名企画 ANONS PROJECTによって作られた曲『スーパーヒーロー』が収録されており、その言葉ひとつひとつに多くの人が心打たれている。

動画は白い防護服を着た二人の人物が、荒れる海を背に防波堤の上に立っているところから始まり、以下の歌詞が、制作者の強い想いと共に歌われていく。
 
ここは任せて 君は急いで逃げろ
家族とともに 遠くの町へ
心配しないで 世界は終わらないよ
僕らが必ず守るから
パパ ママ 友達 みんな守るから

テレビも ラジオも インターネットも報じない
正義の味方が この町にやってきた
白いマスクで 顔を隠して

瓦礫の海も 廃墟と化した町も
人の力で再生できる
だけど命は 神さまも治せないから
なにより大切にしなくちゃね
お金や利権と 比べちゃダメだよ

子供の未来は大人の手のひらの中
ピンチの時こそ 強くなれ 強くなれ
見えない悪と立ち向かうんだ

いま矛先を向けるべき敵は一体どこだ?
あぶり出せ
他人か?大いなる組織か?いいや 違うだろう
きっと きっと 僕らの中にいるんだろう

正しいものなら本当は誰もが知ってる
正義の味方に君もなれる なれる

子供の未来は大人の手のひらの中
ピンチの時こそ 強くなれ 強くなれ
見えない悪と立ち向かうんだ      
(Youtubeより引用)
  
そしてこれを見たネットユーザーからは、次のようなコメントが動画に寄せられている。
 
「体を張って原発で働いてくれてる人がいることを忘れないでいたいです」
「心こそ大切なれ」
「そうだなあ、ぼくも子供のころ正義の味方になりたかったんだ」
「言いたい事は何となくわかるけど詩がゆるいな。辛口ごめん」
「グッと来ました。応援してます。皆で、生きなきゃ」
「俺はなんか言えるような立場じゃないけどこんな俺にもなんか響いた」
「良い唄だとは思います…自分達の内側にこそ悪が…という考えは同意します。ただ次にそれぞれがそれぞれの正義に従って具体的アクションとる段階でどうしても反対派とか敵とかが外部に出来てきてしまうという…でも唄と映像は上手いです!」
「誰もがこの思いを、胸の中に持っているはず。これは、良曲」
「このPV凄い! 何か…グッと来た! 強く生きて行かなきゃ!!」
 
今の日本、そしてこれからの日本について考えさせられる今回の動画。みなさんはこれを見て、何を感じただろうか? ぜひこの機会に、自分にとって本当のヒーローとはどんな存在なのか、考えてみてはいかがだろうか。

(文=田代大一朗

参照元:YouTube/ANONSJP


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング