【不安コラム】Twitterばかり気になって何かあるとすぐTwitterに書き込んでいる自分が怖い助けて

ロケットニュース24 / 2012年4月13日 6時0分

【不安コラム】Twitterばかり気になって何かあるとすぐTwitterに書き込んでいる自分が怖い助けて

【不安コラム】Twitter(ツイッター)ってあるじゃないですか。インターネットで近況を報告するサービスです。僕、自分でも頭がおかしいと思うほどTwitterばかり気にして、何かあるとすぐにTwitterに書き込みしちゃうんです。自分でも異常だなって思うくらいで、「Twitter中毒」って言っても過言じゃないくらい没頭してるんです。

や、でもあれなんですよ。Twitterやらないと発狂したりイライラしたりするわけじゃなくて、無意識のうちに「とりあえずTwitter」という感じで何かを書き込んでいる自分がいるんです。移動するとTwitterに書き込み、ご飯食べながら書き込み、写メ撮ったら書き込み、晴天だったら書き込み、雨でも書き込み、犬がいたら書き込み。

とにかく書き込みをしちゃうんです。で、一番怖いと感じているのが「頭のなかで考えたこと」をそのまま書きこんじゃうことね。これは知り合いの記者もいってたことなんだけど、ふと思ったことを高頻度でTwitterに書き込んじゃう人が多いらしいんですよ。そういう人がどれくらいいるのかよくわかんないけど、とにかく僕は確実にソレなんです。

もともとTwitterって近況をつぶやいたり、思ったことを書くサービスだと思うんですよ。だから僕の使い方は間違ってないと思うんですけど、頻度が尋常じゃない。1日のうち1/3とか1/4とかTwitterやっていると思います。1日のうち数時間は、Twitterの書き込みに要していると思います。

本当に怖い。そんな自分が怖い。どうすればいいんだろう? 「便利なものは使うべきだし限度なんて考えなくてもいいんだよ」って言ってくれる友人もいるけれど、それはTwitterが居心地がいいからそう言えるんだ。逃げの言葉だと思うんだよね。居心地のいいTwitterをやり続けるための言い訳という感じ。僕は逆に、Twitterの居心地の良さが怖い。

ケータイの画面に没頭している自分、第三者からしたらおかしな人に見えるんじゃないかな? 特にTwitterやってない人からしたら、Twitterに没頭してケータイ画面をいつも眺めてる人をマトモだとは思えないんじゃないかな? 隣にいる人が目に入らない状況、異常に見える気がするんだ。それって僕の考えすぎなのかな?

僕はTwitterが大好きだ。でもTwitterばかりやっている自分が怖くなってきた。いつか飽きる日が来るのかな? はやくTwitterに飽きる日が来てほしい。もう止まらない。書き込みやめようと思っても書き込んじゃう。

「とりあえずTwitter」という行為を無意識にしている自分が怖い。何も疑問思わずTwitterに書き込んでいる自分が怖い。あ、疑問には思っているのかな? だからこうやって苦悩しているのか。そう考えると、少しは脱出の道が開けたかもしれません。
 
執筆: ピューマ
画像: Twitter


このニュースをロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング