坂本龍一「学生食堂で一人でご飯食べてる人を見るとすごく不愉快」「見たくないのに見せられる他人の気持ち考えてくれ」

ロケットニュース24 / 2012年4月18日 19時0分

坂本龍一「学生食堂で一人でご飯食べてる人を見るとすごく不愉快」「見たくないのに見せられる他人の気持ち考えてくれ」

世界中で絶大なる人気を誇るミュージシャン・坂本龍一先生が、学生食堂で一人で食事している人に対して不快感をあらわにしている。「学生食堂で一人でご飯食べてる人いるわけ。男とかで。きちんと食べてるんだけど、それを見ると僕、すごく不愉快なのね(笑)」と発言しているのだ。

この発言は、人気情報サイト『日刊イトイ新聞』に掲載された糸井重里さんとの対談内のもので、インターネット上では大きな物議をかもしている。以下は、坂本龍一先生の発言の一部を引用したものである。
 
・坂本龍一先生の発言
「ジャージをはいてる人が嫌いなんです」
「昔よく遊んでた友達がある日ジャージはいてたんで、その瞬間、絶交しました」
「ほんとに嫌いなんで。僕の前でみんなはかないでね」
「学生の時に、学生食堂で一人でご飯食べてる人いるわけ。男とかで。きちんと食べてるんだけど、それを見ると僕、すごく不愉快なのね(笑)」
「それはやっぱりさ、その、自分の生活みたいなのを、露出させてる感じがするわけ」
「見たくないのに、強制的に見せられてる。他人の気持ちも考えてくれと」(引用ここまで)
 
……と発言している。詳しくは『ほぼ日刊イトイ新聞』をお読みいただきたいが、実はこの坂本龍一先生の発言、2006年に掲載されたものであり、定期的にインターネット上で話題となって問題視されている。

どうしてこの発言が定期的に話題になるのかは不明だが、もしかすると坂本龍一先生の考えに反論を示す意味で、意図的に何度も話題になるのかもしれない。あなたは、学生食堂で一人で食べている人がいたら不愉快になる? ならない?

参照元: ほぼ日刊イトイ新聞


このニュースをロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング