あの感激を永遠に……「新品のMacBookを開封したときの香り」の香水が開発される

ロケットニュース24 / 2012年4月21日 14時0分

あの感激を永遠に……「新品のMacBookを開封したときの香り」の香水が開発される

新品の箱を開けるのはドキドキワクワク! 欲しかったものがついに自分のものになる瞬間。中身がわかっていても嬉しいものだ。だが、その感動は時とともに薄れてゆくもの。それを永遠に楽しめたらどうだろうか。

オーストラリアで「新品のMacBookを開封したときの香り」を再現したフレグランスが開発された。え、開封したときの香りがいつでも味わえるだと!?

MacBook Proを開封した香りの香水「Stink Different(格別な悪臭)」を開発したのはオーストラリアの3人のアーティストだ。彼らとフレグランスメーカーAir Aromaのコラボでこの夢の香りが実現した。

開封時の香りとはたった一度しか経験できないものだ。だがStink Differentさえあれば、あの新品特有の香りに毎日包まれることが可能。あの至福の瞬間が一生続くのあである!

3人はこの香水を作るにあたり、フランスにある香水の研究所で接着剤・ビニール・紙の香りの研究をしたという。その真剣な研究により数種類の香りが混ざり合った独特のフレグランスを完全に再現することができたのである。

Air AromaによるとStink Differentは商品を手にし開封したときの、ビニール、インク、説明書、梱包材、そしてほんのり金属の香りを楽しむことができるそうだ。新品の感動を思い出すのに使ってもいい。また、まだMacBookを買っていない人も先に香りだけを楽しむのもアリだ。彼らは全てのアップルファンに捧げたいとしている。

この香水は製品化は未定だ。だが、4月20日から5月12日までメルボルンで開催される展覧会でいち早く試せるとのことである。本当に開けたてのMacBook Proの香りがするのだろうか? 再現度が非常に気になるところである。

参照元:Huffington Post(英語)


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング