【おはよう短編小説】動かない動けない動かさない

ロケットニュース24 / 2012年4月26日 7時0分

【おはよう短編小説】高校受験で落ちたらどうしよう → 大学受験で落ちたらどうしよう → 就職できなかったらどうしよう → こんな仕事ずっと続けていくと思うと不安と不満でいっぱい → おもしろくもない仕事続けていたら30歳になっちゃった → リストラされちゃいそう → 気が付いたら定年退職だ → 俺の人生なんだったんだ → 老衰や病気で死亡。

こんにちは、武藤誠です。サラリーマンだとしても、自営業だとしても、フリーターだとしても、無職だとしても、自分がどれだけ「心が満たされる充実した人生」を歩んできたかが重要じゃないでしょうか?「いまの仕事がつまらないけど生活するためにしたかなく働いている」という人が大多数を占め、みんなすきでもない仕事のために満員電車に揺られて出勤しています。

もっと寝ていたい、もっとゆっくり出社したい、もっと時間がほしい、もっとお金が欲しい、いろんな欲望や願望があるけれど、いま満員電車に揺られて通勤している人たちのほとんどは、それすらも叶わぬ状況なのではないでしょうか?

その状況を作り出しているのは他人でも会社でも社会でも環境でもなく、あなた自分自身なんですけどね。できるだけ早くその状況から抜け出したほうがいいですよ。でも、そうアドバイスしたとしても聞く耳を持たないでしょう。いや、効く耳を持たないというより、理解はしているが動けないのでしょう。

動けない理由は、自分に自信がないから。動いたことによってマイナス的な出来事に発展することを怖がっているから。趣味でも仕事でも好きなことをすればいいのに、動かない、動けない、動かさない。人間は不器用な生き物ですね。


このニュースをロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング