人生のままならなさに満ちたフランス映画風『吾輩は猫である』がオモシロイ!

ロケットニュース24 / 2012年5月3日 15時0分

人生のままならなさに満ちたフランス映画風『吾輩は猫である』がオモシロイ!

ごく一般的にフランス映画と呼ばれているものの根底には、「官能」と共に、「空しさ」や「孤独」など、人生のままならなさが流れているように感じられます。

今回ご紹介するのも、圧倒的な虚無感と気だるさに満ちた、フランス映画風のネコ動画です。映像は、動画サイトyoutubeで観ることができます。主役のネコHenriが語る日々の生活、そして思い……それはまるでフランス版『吾輩は猫である』のよう。

「ああ、私はまだここにいる……」物語は、Henriのこんなつぶやきで幕を開けます。

物悲しいBGMと共に彼の口から語られるのは、「私はどこへでも行ける……だがまだ留まろうとも思う」「15時間眠ったところで意味が無いんだ……だっていつ起きたってそこには退屈しかないのだから」「私の管理人は美味しそうな食事を、ちょうど手の届かないところへ置いておく……そのとき私は激しい孤独に苛まれるのだ」などといった、ままならない日々に対しての、ぼやき。

さらにHenriは、共に暮らすペット仲間たちのことも、実に辛辣かつクールに講釈するのです。白ネコのことを「白のバカ」と呼び、インコやハムスターのことを「軽食」「アホども」と呼ぶ。そしてそんな奴らに囲まれて生きなければならない自分の運命を、彼は静かに呪うのであります。

「だが、学んだこともある……それはバスルームにあるホイップクリームは本物のホイップクリームではないということ、私たちは自分自身から逃れられないということ、そしてネコ用扉は時々……閉まっているということだ」そしてHenriは今日も生きていく。自身のままならない運命を半分あきらめながら……。

とまあ、自分の飼い猫を主役にフランス映画風の映像を撮ったら、こんなにも優れたアート作品になっちゃいました! という動画でした。それでは顔で全てを語ることのできるネコ、Henriくんの名演技(?)をとくとご覧くださいませ。

寄稿:Pouch
参照元:youtube.com Will Braden


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング