【美味】イタリアの超人気ピザレストラン『ミケーレ』が唯一の支店を日本にオープンさせたけど本当に美味しいのか実際に食べてみた

ロケットニュース24 / 2012年5月4日 12時0分

【美味】イタリアの超人気ピザレストラン『ミケーレ』が唯一の支店を日本にオープンさせたけど本当に美味しいのか実際に食べてみた

イタリア・ナポリで絶大な人気を誇る超老舗ピザレストラン『ミケーレ』は、1870年に創業した歴史あるピッツェリア。その唯一の支店が2012年1月31日に東京・恵比寿に店を構えた。つまり、『ミケーレ』の味はナポリと恵比寿でしか味わえないのである。

「支店と本店じゃ味が違うでしょう? 看板だけ譲ってもらった感じじゃないの?」と思う人もいると思うが、生地の粉、トマト、チーズ、オイル、塩などの食材をすべてイタリアから空輸しているという。そして本店と変わらない味を提供しているというのだ! でも本当にうまいのか? 実際に食べてみることにした。
 
・予約しないと必ず並ぶことになる
記者は17:30ごろに『ミケーレ』についたが、すでに4人ほど並んでいた。待っている間は店員がお酒やジュースを無料でふるまっている。運良く10分程度で店内には入れたが、それからみるみるうちに行列が長くなっていき、18:00ごろには30人以上が並んでいた。つまりディナータイムは予約は必須であり、飛び込みで行くと1時間待つことも覚悟した方がいいだろう。
 
・店員はとても気さくで温かい
店員は男性も女性も非常に明るくて気さくで、いつも笑顔を絶やさない。私はいろいろと食材やシェフのこと、厨房のことなどを店員に聞いたが、迷うことなくすべて教えてくれた。店員は丁寧な接客だけでなくレストランに関わることすべてにおいて詳しく熟知しているようだ。
 
・メインはふたつのピザ
このレストランのメインはマルゲリータとマリナーラ。あとはちょっとした前菜があるだけである。「前菜があるだけ」と説明はしたが、ナポリ本店ではピザしか料理が用意されていない。よって、本来ならばピザと飲み物だけで十分なのである。前菜はどうしても食べたい人向けに用意されている感じがした。
 
・ピザのサイズは2種類
マルゲリータもマリナーラも、サイズはドッピア(ビッグサイズ)かノルマーレ(通常サイズ)のみ。2種類のピザを食べたかったのでノーマルを2枚注文しようとしたが店員が「やっぱり本家でも人気のドッピアを食べて頂きたいですねッ♪」と超オススメしてくるので、マルゲリータだけ大きくしてもらった。
 
・焼きあがったピザはナポリピザそのもの
焼きあがったマルゲリータは驚くほどデカかった……! しかも、ありがちな丸いピザではなく、ちょっとイビツな三角形に近いかたちになっていた。食後に調理をみせてもらったのだが、焼く前の生地が非常に柔らかいためパーレ(ピザを釜に入れるヘラ)にピザを載せた時点で円が崩れているようである。しかし、その崩れ具合がディモールトベネ! このピザ、なぜかイビツなほど食欲をそそらせる。

ナイフとフォークを使って切り分け、手でつまんで持ちあげる。しかし生地が超フニャフニャなため、アメリカンピザや宅配ピザのようにサッと口に運べない。しかしそのフンニャリ度、ナポリのピザとまったく同じなのには驚いた。生地はもともと柔らかくて薄く、トマトソースやチーズ、オイルが浸透して「さらにフニャフニャ」になっている。しかし、そのフニャフニャ具合がディモールトベネ! ジューシィーさと生地の香ばしさが心をナポリに連れていってくれる。
 
・マルゲリータ(超ビッグサイズ)1800円
まず驚いたのが、モッツァレラチーズの芳醇な味わい。上品なイタリアンレストランやピッツェリアでは、モッツァレラチーズの「濃厚でありながらサッパリとした風味」を生かしたピザを提供してくれる。しかし『ミケーレ』はその上を行っていた。皆さんも『ミケーレ』に行くことがあれば、マルゲリータをよく噛んで味わってみてほしい。ほら、ヨーグルトの味がしてきたのではないだろうか?

どこかしら、なにかしら、ヨーグルトの爽やかな酸味がしてこないだろうか? 隠し味としてヨーグルトを入れているのかと思ったが、これはモッツァレラチーズから出ている味だと推測する。そのヨーグルトのようなかすかな味が、他店では味わえないマルゲリータに仕上げていると感じた。
 
・マリナーラ(通常サイズ)1250円
チーズをいっさい使用しないイタリアでは定番のピザ。マルゲリータの優しい味わいとは逆に、トマトの酸味がブワーッと刺激してくる。マルゲリータとマリナーラの存在は、まるでイタリアの美しい面とワイルドな面を表しているかのようだ。それくらいワイルドなイタリアンピザであり、塩加減もやや濃いめなので、お酒のオツマミとしてじっくりと食べたほうがいいかもしれない。

イタリアには多くの「しょっぱいパスタやピザ」がある。それは決してまずくないが、日本人からすると「濃すぎる」と感じるのも正直なところ。それをふまえると、このマリナーラが「イタリアの味をそのまま持ってきた料理」というのは正しいといえよう。決してまずくはない。ただ濃いのだ。
 
・並んででも行く価値はあるかもしれない
予約をした方がいいが「並んででも行く価値がある」のは確かだ。確かにここのマルゲリータは「ナポリの美味しいピザ」を再現しているし、店内の雰囲気もなんだかナポリで食事をしているかのような気分にしてくれる(安くてきどらないピッツェリアのほうが好きだが)。ここでマルゲリータとワインを堪能して、そして2軒目でさらに酒とツマミを楽しむ。それが楽しいかもしれない。
 
・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 アンティーカ ピッツェリア ダ ミケーレ
住所 東京都渋谷区恵比寿4-4-7
時間 平日11:30~14:30 17:30~23:00 / 土11:30 – 23:00 / 日11:30 – 22:00
休日 不定休
価格 マルゲリータ大1800円 マリナーラ大1500円
 
Correspondent: Kuzo


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング