亀田製菓が韓国企業と提携しamazon大炎上!買ってないのに低評価を付けるのは”営業妨害”ではという声も

ロケットニュース24 / 2012年5月7日 20時0分

亀田製菓が韓国企業と提携しamazon大炎上!買ってないのに低評価を付けるのは”営業妨害”ではという声も

「ハッピーターン」や「柿の種」など、人気のお菓子を多数リリースしている『亀田製菓』。

いままではネット上でも高い評価を得てきた企業だが、韓国企業である『農心ジャパン』へ技術供与をすることを発表してから、インターネット掲示板などで同社を批判する声が出てきているようだ。

韓国へ菓子を作る技術を提供することに対してよく思わないだけならまだ良いのだが、なぜか大手ショッピングサイト「amazon」の商品に対しても嫌がらせのようなレビューが多数投稿されているのである。

それに対し一部では”やりすぎ”や”荒らし行為”なのでは?という声があがっており、営業妨害ではないかとユーザーに対して良識ある行動をするようにうながす内容も見ることができた。その問題になっている亀田製菓に対しての商品レビューは以下のとおりだ。

 
<amazonでの亀田製菓に対する商品レビュー>
「呆れました。亀田製菓の菓子は最近良く売れているというのに、なぜ不衛生な食べ物ばかり作る農心なんかと連携するのでしょうか?韓国企業なんかと組む気が知れません。農心が発売している菓子からゴキブリが出てきたという話はとても有名です。」
「農心製柿の種は安心して食べれません 安全な食品をあえて危険な韓国で作る事が納得行きません 買い置き分は破棄します。」
「家には毎日欠かすことなく置いてあったのに、あの韓国系企業の農心と組んで作るって・・・品質に疑問を感じるのでもう買うことはありません。」
「気持ち悪くてもう二度と買う気にはなれません!!しかも口に入れるものですから尚更です。」
「韓国の企業と提携すると聞いて残念に思った。安全面でも心配だが、なにより国を挙げてキ○ガイめいた反日をやってる国と手を組むという神経が全く理解できない。日本人としての誇りはないのか。二度と亀田製菓の商品は買わない。」
「K-POPは不快だがまだ許せる(ただし反日してない人に限るが)でも、日本人の愛するお菓子を汚すのは許せない!経営者は何考えてるの?目先の小金につられたのかもしれないけど、亀田製菓を見ると異物混入思い出して二度と買えないよ!」
「がっかりだ!見損なった。韓国企業なんかと、、、もう買わないのでよろしく!」
「韓国の食品会社と提携なんてありえないでしょ?食べ物を扱う会社として一番大事なものを忘れてませんか?」
(柿の種に対してのレビューより引用)
 
見たところ柿の種の味や品質についてというよりも、「韓国企業と提携したことで不衛生になるのでは?」という内容のコメントが多数を占めていた。

確かに農心は韓国で多数衛生的に問題のある事件を起こしているが、日本で販売される柿の種が韓国の農心で作られるわけではないし、韓国企業とコラボレーションしている企業は他にもたくさんある。

購入した柿の種に問題があったのならまだしも、企業の方針に対してamazonのレビューを使い批判するのは使い方が間違っているのではないだろうか……。

以前はフジテレビのスポンサーということで花王が発売している商品のレビューが荒らされることがあったが、また同じことが起きているようだ。企業の経営方針について指摘したいことがあるにしても、問い合わせのメールを送るなど適切なやり方をしていただきたいものだ。


このニュースをロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング