【裏技】3D対応デジカメで撮影した写真はニンテンドー3DSでも見ることが可能 / 閲覧だけなら3D対応のテレビやパソコンは不要

ロケットニュース24 / 2012年5月16日 21時0分

【裏技】3D対応デジカメで撮影した写真はニンテンドー3DSでも見ることが可能 / 閲覧だけなら3D対応のテレビやパソコンは不要

皆さんは、3Dカメラ(3D対応デジタルカメラ)で写真を撮影したことはあるだろうか? 最近は各社から3D写真を撮影できるデジタルカメラが出てきているので、実際に3D写真を撮影して楽しんでいる人も増えてきたと思われる。しかし、撮影はできても「3Dテレビがないから見られない」という人が多いのでは?

実は、3Dカメラで撮影した写真は、ニンテンドー3DSでも見ることが可能なのだ! つまり、3D対応のテレビやパソコンがなくても立体視画像を楽しむことができちゃうのである。ということで、今回は3Dカメラで撮影した立体視画像をニンテンドー3DSで見る方法をお伝えするゾ♪

2012年現在、3Dカメラで撮影された立体視画像は「.MPO」という拡張子のデータとして記録される。実はこの拡張子、ニンテンドー3DSで撮影した立体視画像と同じ拡張子なのだ。もちろん、3Dカメラとニンテンドー3DSの相性もあるので、必ず見られるとは限らないが、以下の方法で見ることができるはずだ。
 
・『ニンテンドー3DS』で立体視画像を見る方法
1. 3Dカメラ(デジタルカメラ)で立体視画像を撮影する
2. 「.MPO」という拡張子のデータをニンテンドー3DSのSDカードにコピー
3. コピー先は「DCIM」フォルダ内にある「100NIN03」など任意のフォルダ内
4. SDカードを『ニンテンドー3DS』に挿入して3DSカメラを起動
5. 十数秒後に「管理ファイルを更新する必要がある」と表示されるのでOKする
6. 立体視映像が撮影した日時順で表示されます
※ニンテンドー3DSで撮影した立体視画像より大容量のため表示に時間がかかります
 
・『ニンテンドー3DS』で立体視画像を見るメリット
1. ニンテンドー3DSでは撮影できない超高精細な立体視画像を見ることが可能
2. 高額な3D対応テレビやパソコンなどを買わなくてもよい
3. 宝の持ち腐れだったデジカメの3D機能を生かせる
 
ニンテンドー3DSでも立体視画像を撮影することができるが、いかんせん画素数が少なすぎて「粗い画質」になってしまう。しかし、3Dカメラで撮影したデータは高精細のままニンテンドー3DSに立体視画像を表示することができるのだ。

記者は実際にパナソニックの一眼デジカメGH2で撮影した立体視画像をニンテンドー3DSで見てみたが、ニンテンドー3DSとは思えないほど高精細な立体視画像を楽しむことができた。しかし、重ねていうが3Dカメラとニンテンドー3DSの相性もあるので、あなたの3Dカメラで撮影した立体視画像が必ずしもニンテンドー3DSで見られるとは限らないのであしからず。

ちなみに、記者が使用した3Dカメラは、パナソニックの一眼デジタルカメラ『LUMIX』の GH2G3 である。『LUMIX』向けの3Dレンズは家電量販店で18000~20000円程度で売られている。この機種では3D撮影の場合にズームができないので、そのあたりの撮影テクニックは何度も撮って慣れていく必要があるだろう。

当編集部の記者がアイドルグループ『アリス十番』の候補生、神谷えりなちゃん(巨乳ちゃん)を撮影した立体視画像を用意したので、見たい人は( http://goo.gl/iTAOx )からダウンロードしてみてほしい。
 
Photo: RocketNews24.
3Dモデル: 神谷えりな / アリス十番


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング