【ねつ造】 またまた中国で行政の視察写真が堂々ねつ造! 中国人「雑すぎて笑った」

ロケットニュース24 / 2012年5月24日 20時0分

【ねつ造】 またまた中国で行政の視察写真が堂々ねつ造! 中国人「雑すぎて笑った」

以前、本誌では中国行政が行ってもいない視察について写真をねつ造、市民から批判を浴びた件をお伝えした。

これでもう懲りたかと思いきや、またまた新たな視察ねつ造写真が掲載され話題となっている。やはり素人目でもわかる雑なコラージュ。中国人も「雑すぎて笑った」と呆れ顔だ。

浙江省杭州市のある地方自治体の公式サイトだ。各建設企業のトップが視察に来たときのものだというが、写真をよく見てほしい。

うまく草の陰に隠したつもりだろうが、光のあたり方、影、背景との縮尺の違いなど明らかに不自然。誰がどう見ても複数の写真をコラージュしたものだ。すぐさま指摘が入り炎上した。

これを受け自治体は画像を削除、謝罪文を掲載した。謝罪文によると当日、視察は行われたが、写真がきれいに撮れなかったため画像加工をしたそうだ。視察自体がねつ造という噂については否定。また「アルバイトスタッフのミスです。各企業の方とは一切関係ありません」と企業のトップをフォローした。
 
これについて市民は

「『アルバイトスタッフがやりました』キターーーー!!」
「アルバイトスタッフは上からの指示がないとこんなことしないでしょ」
「結局、加工してんじゃん」
「雑すぎて笑った」
「視察写真はみんなこうなんでしょ」
「市民をバカにしすぎ! 騙せるとでも思ったの!?」

 
と批判。また
 
「マジで浮いてる(笑)」
「ハイテクすぎて笑った」
「浮いたり消えたりできないとトップにはなれないらしいぞ」
「さすがですねッ」
「エラい人はいつも正しいのだ!」

などと、皮肉たっぷりのコメントも見受けられる。
 
写真とは「真実を写す」と書く。そして報告とは、ありのままの事実・経過を述べることだ。どちらも格好をつけるためパフォーマンスではない。よく中国人はメンツを重んじるというが、こんないい加減なようでは大切なメンツが丸つぶれなのは言うまでもないだろう。

参照元:新華網杭州市余杭公式サイト、Sina Weibo拇姫(中国語)


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング