貼るだけでYoutubeの3D動画を視聴できる『Pic3D-ll』を使ってみた!

ロケットニュース24 / 2012年5月24日 17時0分

貼るだけでYoutubeの3D動画を視聴できる『Pic3D-ll』を使ってみた!

以前の記事で、貼るだけで3D動画を視聴できるiPhone4・4S用の保護シートをご紹介した。2012年2月末に発表会が行われ、現在はアマゾンをはじめ大手家電量販店でも取り扱いが行われている。記者(私)も遅ればせながら購入し端末に貼り付けてみたので、使用感についてお伝えしたいと思う。

この商品は2011年夏に動画が公開され、日本だけでなく海外でも話題となった。前バージョン(Pic3D)は全世界で100万枚を売り上げる人気誇り、新たにiPhone4・4Sに対応した『Pic3D-ll』の販売を行っている。

貼り方は、従来の保護シートを貼るのと同じ要領で行う。端末をきれいにふき取り、必要であればセロテープでホコリを除去する。そして裏面のフィルムをはがして、カメラ側から貼り付けていくのだ。

ひとつ重要なのが「モアレ(干渉縞)の調整」だ。これは端末の画面と、シートの周期のずれを整えるというもの。専用アプリ「Pic3D-ll」でテストパターンを表示して、シートを適正な位置に貼り付ける。この調整をうまくやらないと、3D動画の見え方が思わしくないので注意した方が良いだろう。

あとはYoutubeで「yt3d」と入力すると、公開されている3D動画を視聴することが可能だ。ティーザー動画をYoutubeに公開している3D映画も少なくない、劇場観覧前に3D体験するのも面白いかもしれない。

Photo:Rocketnews24
参照元:Pic3D-ll


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング