遺伝子は嘘をつけない! 家族の顔を左右つなげたアートがちょっぴり感動的

ロケットニュース24 / 2012年5月27日 8時0分

遺伝子は嘘をつけない! 家族の顔を左右つなげたアートがちょっぴり感動的

ここに一枚の写真がある。左右で髪の毛の色が違うが、どうやら1人の女性の写真のようだ。だが、じっくり見てほしい。目の色や唇の形などがすこーしだけ違わないだろうか。

実は顔の左と右とは別の人物。この写真は家族の顔を左右切り取って合成させたアートなのである。

この一風変わった家族写真を発表しているのはカナダ人カメラマンのウルリック・コレットさんだ。 一連の写真は「Genetic Portraits(遺伝子の肖像)」という名でシリーズ化されている。写真ではウルリックさんは被写体としても参加。ウルリックさんは自分の顔を彼の息子、兄弟、いとこと合成させている。

やはり血を分けた兄弟はソックリ。親と子にしても、年齢が離れていようと、どことなく顔つきは似ていないだろうか。自分では似ていないと思っても、年齢を重ねると自分もまた両親のようになるのかもしれない。身近すぎて考えたこともないが、世の中自分とこんなに似ている人はそういないだろう。そう思うと家族として生を受けたことが奇跡にさえ思えるのである。

参照元Creative Greed(英語)


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング