カンニング竹山が片山さつきに激怒 「どう考えてもおかしいでしょ! 人間としてやらなきゃいけないことがある!!」

ロケットニュース24 / 2012年5月29日 13時0分

カンニング竹山が片山さつきに激怒 「どう考えてもおかしいでしょ! 人間としてやらなきゃいけないことがある!!」

お笑いコンビ「次長課長」の河本準一さんの母親が、生活保護を不正受給しているとの疑惑を持たれている問題がさまざまな方面に飛び火している。河本さんの謝罪会見が行われたのちに、自民党の片山さつき議員が生放送番組で次のように発言した。

「千原せいじさんという同じ事務所の方が、 ローカルではありますがかなり観られてる番組で、まぁ一方的に私達を 批判したうえに、何と、片山の夫の会社を潰す? ということを 公共の電波でおっしゃって」

これは事実ではなく、せいじさんはまったく異なる内容を関西のローカル番組で話していた。このことに同じ芸人仲間のカンニング竹山さんが激怒。彼がホストを務めるラジオ番組で怒りをぶちまけたのだ。ここまでの流れを一旦整理してみよう。
 
5月25日 河本準一さんが謝罪会見を行う

同日 関西ローカル『かんさい情報ten!』(読売テレビ)で、千原せいじさんが「旦那さんが結構でっかい会社、潰してた……」と発言。これがなぜか、「片山の旦那の会社を潰す」との発言に変わり、ネット上で物議をかもす

5月27日 「報道ステーション SUNDAY」(テレビ朝日)に片山さつき議員が生出演。「片山の夫の会社を潰す? ということを 公共の電波でおっしゃって……」と語り、さらに騒ぎが拡大
 
せいじさんの発言が半ば一人歩きをし、片山議員がその事実確認をしないまま生放送でこのことを涙ながらに語ったのである。この一連の出来事に、カンニング竹山さんは28日のラジオで大激怒。「(同じ)芸人だから守るために言ってるわけじゃない」としたうえで、次のように怒りをあらわにしたのである。
 
・カンニング竹山さんが片山議員に激怒! (以下、発言の要約)
「片山さんのことを好きとか嫌いとかないです。でも内容を確認もせずに、マスコミに出てきて、ネットの情報を信じている。これがおかしい」
「一国会議員という人がね、何をネットを信じ込んで、それもテレビというマスコミで言ってるんだと。それおかしいでしょ!? どう考えてもそれおかしいでしょ!? 確認したらわかるわけでしょ!?」
「何が一番問題かいうと、片山さつきさんという人は、国会議員なわけです。国会議員ということは、国民に選ばれてるわけですよ。国民を守らなきゃいけないわけですよ」
「(国会議員が)個人名をマスコミで出してどうすんだよ。国民ひとりでも犠牲にしちゃいけない。自分の身が危ないと感じても、個人名を出してどうすんだよ」
「極端なことを言うと、(片山議員は)生活保護問題を追及するというけど、こんな真実ではないことを言っちゃう人が真実を追究できるか?」
「ネットニュースだけ信じて発言するのはダメ。ちゃんとして欲しい!人間としてやらなきゃいけないことがある。間違ったことは間違ってる」
 
……など。どうやら竹山さんは、片山議員が自身で番組VTRを確認しないまま、生放送中にせいじさんの名前を出したことを許せない様子である。河本さんの疑惑に端を発した今回の騒動は、各所にその火種が飛び火しており、さまざまな議論を呼んでいる。河本さんは謝罪会見したものの、当分収まりがつきそうにない状況である。

Illustration:Rocketbews24


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング