お笑いタレント「土田晃之」と芸能人カレー部副部長「森下千里」が吉野家の新カレーを絶賛!本当に美味しいのか食べてみた

ロケットニュース24 / 2012年5月30日 11時0分

お笑いタレント「土田晃之」と芸能人カレー部副部長「森下千里」が吉野家の新カレーを絶賛!本当に美味しいのか食べてみた

中国や台湾、東南アジアやアメリカにも支店を持つ、人気牛丼チェーン店といえば「吉野家」である。

牛丼の他にも豚肉を使った『焼味豚丼』や、リーズナブルでどこか懐かしい味の『牛鍋丼』などが人気のお店だが、5月19日にいままで販売していた『こく旨カレー』と『旨辛カレー』の2種類のカレーをリニューアルし、より美味しくなったらしい。

しかもカレー好きで有名なお笑いタレントの土田晃之さんと、芸能人カレー部副部長でアイドルの森下千里さんが吉野家で新旧のカレーを食べ比べ、大絶賛したそうだ! これは吉野家ファンとして行くしかないでしょ!  ということで早速吉野家へ行き、二つのカレーを食べてみることにしたぞ。
 
■旨辛カレー(330円)試食レビュー
旨辛カレーはもうひとつのこく旨カレーと比べ、ルーの色が濃く辛味が強くなっている。食べてみると肉の旨味が口いっぱいに広がり、後からスパイシーな辛味が追いかけてくる。

土田さんが「“本格カレー” 特有の、よりスパイシーでおいしそうな香りがします。あとコクがあって、何よりスパイスのおいしさが引き立っていますね」とコメントしていたとおり、本格カレーならではのパンチの効いた辛さが夏にピッタリのカレーに仕上がっているぞ!
 
■こく旨カレー(330円)試食レビュー
こく旨カレーは旨辛カレーと比べ、フルーティで非常に奥深い味わいだ。辛みが少ないので、女性や子どもでも美味しく食べられるとてもまろやかな美味しさである。

森下さんはこのカレーに対し「ジャガイモ・ニンジン・オニオンソテーが溶け込んでありますが、特にオニオンソテーが入っていることで、ルーの味に “コク” が出ているし、野菜にもしっかり味が染み込んでいますね」とさすが芸能人カレー部副部長なだけある、的確なコメントを残していた。
 
■どちらもクオリティの高い仕上がりになっていた
土田さんも森下さんも新しくなった吉野家のカレーを絶賛していたが、確かに納得の美味しさであった。これを330円というリーズナブルな価格で出せるのは、吉野家ならではかもしれない。

「カレーを食べに吉野家へ行く」ということは今まで無かったかもしれないが、今後は「牛丼とカレーどちらにしようかな?」と迷ってしまうかもしれない。まあ牛丼とカレーが二つ入った『牛丼・カレー』を食べればいいだけだが(笑)

参考リンク:吉野家


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング