【衝撃サッカー動画】国際マッチで伝説のエビ反りゴールセーブ「スコーピオン」を繰り出したコロンビア人ゴールキーパー

ロケットニュース24 / 2012年6月4日 9時0分

【衝撃サッカー動画】国際マッチで伝説のエビ反りゴールセーブ「スコーピオン」を繰り出したコロンビア人ゴールキーパー

サッカーのゲームをしていると、たまにコンピューターのゴールキーパーが不思議なセーブをすることがある。真正面のボールなので普通にタッチすればセーブできるのに、なぜかあえて前方向にジャンプしてエビ反り状態でカカトセーブするのだ。

同様の動きは、インターネット界にたびたび貼られるGIFアニメにも存在する。毛むくじゃらの男が前ジャンプエビ反りセーブ……。映画『少林サッカー』のワンシーンでは?と思ったりもするが、実はこれ、サッカーの国際マッチで敢行された伝説のゴールセーブ、その名も通称「スコーピオン」なのである。

衝撃のスコーピオンは、YouTubeアップされた動画「Rene Higuita and the Scorpion kick」などでも確認できる。

時は1995年。コロンビアVSイギリスの国際親善マッチでの出来事だ。コロンビアのゴールキーパー「レネ・イギータ」は、真正面に飛んできたボールを、なぜかジャンプ一番エビ反り状態でカカトセーブ。自らこの奥義を「スコーピオン」と名付けたのだという。

ちなみにレネ・イギータは、当時のコロンビア代表チームのシンボル的存在であったという。愛称は「エル・ロッコ」で、意味は「狂人」。

1993年には冤罪だったが逮捕され7カ月も獄中生活、翌年1994年ののワールドカップには出場できなかった。さらに2004年にはコカイン反応で逮捕。まさしくクレイジーな経歴を持つ、コロンビアサッカー界の伝説の男である。もしもゲームなどでスコーピオンを見かけたら、イギータの名前を思い出そう。

(文=GO
参照元:Youtube terryincoffs


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング