次回は105年後となる「金星の太陽面通過」生中継まとめ

ロケットニュース24 / 2012年6月6日 7時0分

次回は105年後となる「金星の太陽面通過」生中継まとめ

次回の観測は105年後(2117年)になると言われている、「金星の太陽面通過」が間もなく始まる。日本各地でも観測できるとのことだが、もしも悪天候で見られなかった場合のために、Ustreamの生中継をご紹介したい。通過が始まった後は約6時間40分にわたって観測できるとのことだ。各地の開始・終了時間は以下の通り。
 
・金星の太陽面通過、各地の時間
都市 開始時間 ~ 終了時間
札幌 7時10分03秒 ~ 13時47分52秒
仙台 7時10分36秒 ~ 13時47分32秒
東京 7時10分53秒 ~ 13時47分26秒
京都 7時10分57秒 ~ 13時47分40秒
福岡 7時11分04秒 ~ 13時47分58秒
那覇 7時11分49秒 ~ 13時47分46秒
 
東日本から北日本の広い範囲では、天候が悪いために、観測は難しいかもしれない。雲にさえぎられて太陽が見えないという地域の方は、Ustreamをはじめとするライブ中継でその姿をご覧になると良いだろう。また晴れている地域の方は、直接太陽を見ることは避け、日食グラスを活用することを強くおすすめする。より安全な状態で、金星の太陽面通過を楽しんで頂きたい。
 
Illustration:Rocketnews24
参照元:金星の太陽面通過,つるちゃんのプラネタリウム


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング