『ステーキけん』の井戸実社長が「カウボーイ家族へ行け」と言うので実際に行ってみたぞッ!!

ロケットニュース24 / 2012年6月14日 12時0分

『ステーキけん』の井戸実社長が「カウボーイ家族へ行け」と言うので実際に行ってみたぞッ!!

歯に衣を着せぬ発言で知られる人気レストラン『ふらんす亭』や『ステーキハンバーグ & サラダバー けん』の代表を務める井戸実社長。その井戸社長が最近、「カウボーイ家族へ行け」と発言し、話題となっている。外食のプロがいうのあれば、『カウボーイ家族』は相当ウマイに違いない! ということで、実際に『カウボーイ家族』に行って食べてきたぞッ!

井戸社長は以前にも、一般のTwitterユーザーに向けて「二度とくんな」や「うるせーよ。じゃあガスト行けよ」と発言し物議を醸した。今回は、とあるTwitterユーザーが「このまえカウボーイ家族に行きましたあっちの方が肉はうまいしコーヒーもマシでしたw」と投稿、これに対して、井戸社長は「よし。カウボーイ家族へ行け」(以上、Twitterより引用)と返答しているのである。

■そもそも『カウボーイ家族』とは?
この『カウボーイ家族』は、ステーキ・ハンバーグ・サラダバーの専門店で、手作りのハンバーグやサラダバーが売りだ。またこのレストランはロイヤルホスト系列である。

■ステーキ、ハンバーグどっちがうまいの?
今回記者(私)は、人気ナンバーワンコンビの「ステーキ&ハンバーグ」(サラダバー付き)1554円を注文した。まず率直な意見を言おう。ステーキは正直、あまりおいしいと感じなかった。肉が少々固めでナイフでなかなか切れないなかったのだ。もちろん固めの肉が好きな人であれば悪くないだろう。記者はどちらかと言えば柔らかい肉が好み。ハンバーグとセットとはいえ、もう少し質の良い肉を提供して欲しいと思った。

一方、ハンバーグは、店内で一つひとつ手作りをしているのでマジでうまい。柔らかく、なによりナイフで切ると肉汁が溢れだすのである。鉄板に肉汁が溢れ出した瞬間、記者は思わず興奮した。

■サラダバーはどう?
基本的にメインの料理を注文すれば、自動的にサラダバーが付いてくる。もちろん単品での注文も可。その場合、価格は大人924円(税込)、子供420円(税込)である。さて、気になるサラダバーなのだが、種類が豊富で見ているだけで非常に楽しい。サラダ、フルーツ、スープにカレー、パスタ、ソフトクリームなどがある。正直、サラダバー単体でも十分に満足できるレベルだ。

■接客は?
レストラントといえば、味の次に大事なのが接客。今回はたまたま東京・国立店に訪れたのだが、接客は申し分なかった。たとえば記者がフルーツを選んでいると、こんな一幕があった。

店員:今日のパイナップルは本当に美味しいのでぜひ取ってみてください!
記者:そうなんですか? じゃあ、食べてみます!
店員:私の味覚が間違っていたらごめんなさい。でも今朝食べたらおいしかったので、ぜひオススメです。
記者:へーそうなんですか、楽しみだなー!
店員:後でパイナップルの感想を聞きますよ(笑)

そして5分後、店員さんが記者のテーブルにやってくる

店員:パイナップルまだ食べられてないのですね?
記者:あっ!今食べます(笑)。おお~! 本当に甘くておいしいじゃないですか!
店員:よかったぁ! ぜひたくさん食べてください。

同店の接客は、マニュアルを超えたとても気持ちの良いものだった。こんな接客をしてくれるファミレスは、あまりないように思う。

■井戸社長が伝えたかったこと
今回この『カウボーイ家族』に初めて訪れたが、いちばん感動したのが接客だ。丁寧な接客、一人ひとりの店員さんがそれぞれの持ち味を存分に発揮していた。おそらく井戸社長は、この接客の重要さを広く伝えたかったのではないだろうか? おそらくそうだッ! きっとそうに違いないッ!! ということで、気持ちの良い対応をしてくれた『カウボーイ家族』に感謝したい。そして、推薦してくれた井戸社長に、心より敬意を表したい。

■店舗情報 カウボーイ家族国立店
住所:東京都国立市富士見台2-35-16
営業時間:11:00 – 23:30(平日15:30 – 17:00はクローズ)
定休日:無休

Photo:Rocketnews24
参照元:Twitter @idominoru


この記事の動画を見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング