アップルの地図サービスがかなりスゴそう! 3D表示の鮮明・繊細さに驚愕させられる

ロケットニュース24 / 2012年6月15日 21時0分

アップルの地図サービスがかなりスゴそう! 3D表示の鮮明・繊細さに驚愕させられる

先ごろ行われた開発者向けの発表会(WWDC2012)で、アップルは独自の地図サービスの提供すると発表した。これにより従来利用していた「GoogleMaps」からの脱却を図るものと見られる。正式なリリースは2012年秋ごろの予定、それに先立って開発者向けに、「iOS6」ベータ版をリリースしているのだ。

海外のIT系情報サイトは、この機能の一部を公開しているのだが、話題の地図サービスがなかなかスゴイものになりそうだ。海外主要都市の「フライオーバー・ビュー」(3D表示)を見ると、都市が忠実かつ繊細に再現されている。これで迷子になる心配はなくなるかもしれない。
 
同社の新しい地図サービスについては、すでに海外のみならず、日本のIT系情報サイトでも取り上げられている。しかし各都市の3D表示を掲載しているサイトは少ない。「Cult of Mac」は気になる都市の画像を「iOS 6 Maps Gallery」として紹介しているのだ。

紹介されている都市は、米シカゴ・ラスべガス・ロサンジェルス・マイアミ・サクラメント・サンフランシスコ・シアトル、デンマーク・コペンハーゲン、カナダ・モントリオール、豪・シドニーの10都市。いずれも鮮明な3D画像であり、現実の景色と比しても遜色のないレベルである。

ちなみにこのサイトでは、掲載して欲しい都市のリクエストをコメント欄で受け付けている。ぜひ日本の都市も見てみたいものだ。たとえば東京・新宿や渋谷の複雑な街の構造をうまく再現できているのだろうか? 気になるところである。

参照元:Cult of Mac(英語)


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング