人にとって最高の相談相手!? 飼い主の85パーセントがペットに人生相談した経験アリ / 理由「批判しないから」

ロケットニュース24 / 2012年6月21日 9時0分

人にとって最高の相談相手!? 飼い主の85パーセントがペットに人生相談した経験アリ / 理由「批判しないから」

悩みやグチを誰かに聞いてもらいたいとき、みなさんにとっていちばんの聴き上手な相手は誰だろうか。恋人や親友、家族など人それぞれに良き理解者がいるだろうが、なかには犬や猫などのペットに話を聞いてもらうという方も少なくないようだ。

最新の調査によると、愛犬家や愛猫家の実に85パーセントもの人が自らのペットに人生相談を持ちかけたことがあるという事実が明らかになったそうだ。

調査は、犬や猫を飼っている人を対象にイギリスで行われた。ペットに悩みやグチなどを話したことがあるかどうか聞いたところ、85パーセントに及ぶ飼い主が「ある」と回答。その内容は主に人間関係、仕事、家族、お金などに関するものだった。

なぜ人間ではなくペットに話をするのか尋ねると、「批判されたり恥ずかしい想いをしたりすることがなく、言い争いになることもないから」という理由をあげた人が59パーセントに上った。

さらに、相談相手として以外にも彼らがペットを頼りにしている事実が判明。なんと、就職の面接前にペット相手に予行演習をしたことがある人は20パーセント、結婚式でのスピーチをペットの前で練習したことがある人は12パーセントいたという。理由は、「ペット相手に事前に練習することで、言いたいことを整理でき本番への不安な気持ちを解消できるから」とのこと。

心理学者のコリーン・スウィート氏は、「飼い主が話した内容に対し、ペットが口答えしたり不満をもらしたりすることは決してありません。もちろん、話の内容を理解し助言することもありませんが、忠誠心を持ってそばにいてくれることが飼い主にとっては精神的安定につながっているようです」と語っている。

この調査結果をもとに、ペットを持たない人向けにドッグセラピーのサービスを始めた保険会社もあるという。人生に悩んでグチりたいときは、友人やセラピストではなく犬に依頼すれば黙って聞いてくれるというわけだ。

根本的に問題が解決されるわけではないが、精神的な安らぎが期待できる犬や猫への相談。「助言はいらないけど話は聞いて欲しい」というときのために、選択肢のひとつとして覚えておくと良いかもしれない。

参照元:Mail Online(英文)
photo: flickr digital_image_fan


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング