EUの「女性科学者育成」PRビデオに批判続出し炎上! 海外ネットユーザー「今年見た映像で一番残念」

ロケットニュース24 / 2012年6月27日 14時0分

EUの「女性科学者育成」PRビデオに批判続出し炎上! 海外ネットユーザー「今年見た映像で一番残念」

欧州委員会(EUの行政執行機関)はこのほど、10代の女子向けに科学者育成のためのキャンペーン「Science: It’s a Girl Thing ! 」(科学は女子のもの)を開始した。公式サイトを設けてPRビデオを公開したのだが、この映像に批判が相次ぎ、取り下げることになった。実際にその映像を見ると、「科学者育成」からはほど遠く、ファッションモデル育成を目指しているのか? と疑わざるを得ない。海外ネットユーザーからは「今年見た映像で一番残念」や「クソすぎる」、「ヨーロッパは止まっている」などのコメントが寄せられているのだ。
 
科学の分野で女性のなり手が少ないのは、ヨーロッパに限ったことではない。しかし欧州では、エネルギー問題や高齢化が進み、さらなる知識と教養を確保することが急務となっている。より多くの有能な人材を獲得するために、男性だけでなく女性の科学者を育成し、積み重なる難題の解決に役立ってもらいたいのである。

そこで、10代女子にも科学分野に目を向けてもらおうと、このようなキャンペーンを実施するにいたった。ところがPRビデオの内容はお世辞にも、「良いもの」とはいえない。なぜならキャッチーに作りすぎたために、ちょっとミュージックビデオのパロディのようにも見える。派手な衣装をまとった女の子たちが、ファッションショーのようにねり歩き、意味もなく笑っているだけなのだ。

しかも女の子たちの衣装は、一昔前のもののようにも見える。古臭いうえにダサい。この動画について海外ネットユーザーは次のように反応している。
 
「ひどすぎる」
「クソすぎるだろ」
「ヨーロッパは90年代から止まったままだ」
「なんだこの中途半端なエロ映像は」
「幼稚」
「おそらく今年見たなかで一番残念な映像」
「言っちゃ悪いが女性差別だ。女性を軽視しているうえに、誇張している」
「ナンセンス」
「この音楽を作ったのも科学者なんだろ?」
「バカバカしい」
「香水のCMかと思った」
「これを見て、「科学者になろう!」ってやつは科学者にすべきではない」
「クソワロタ」
「女性を怒らせるのが目的なんだろ」
 
……など。公式ページからは取り下げられたのだが、他のユーザーが紹介した動画に酷評が相次ぎ、炎上状態になっている。いずれにしても、女性科学者育成に向けて、欧州委員会は今後もPRを続けて行くことになるだろう。科学者を確保する前に、優れたPR担当者を見つける方が先になるかもしれない……。

参照元:Youtube alba502(英語)


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング