【世紀末】マッドマックス風のスカイラインGTRがヤバイかっこいい!

ロケットニュース24 / 2012年6月28日 21時0分

【世紀末】マッドマックス風のスカイラインGTRがヤバイかっこいい!

2012年6月28日現在、全国のレギュラーガソリンの平均価格は1リットル約141円。実は12週連続で微妙に値下がりし続けており、ウレシイことこの上ないが、1リットル100円時代を経験している人ならば「まだまだ高い!」と嘆くであろう。

だが、ガソリンを求めて殺しあう映画『マッドマックス2』の世界よりはまだマシだ……と言いたいところだが、『マッドマックス2』の世界が来ることを密かに期待している世紀末覇者予備軍は世界中に存在する。

そんなマッドな暴れん坊たちに、是非ともご覧頂きたいクルマがある。日本がほこる名スポーツカー、日産スカイラインGTRをマッドマックス風にした1台である!

正確には「日産スカイラインGTR 34」。何が起きたのかは定かではないが、ボディには無数の弾痕が。フロント部分にはチョー無骨なグリルガード。ボンネットからはバルカン砲を2台も装備。ウインドウにも強化パンバーが装着されており、タフでマッドな最狂GTRとなっている。

なんだこれ、乗りたい。肩パット&モヒカンで、ホッケーマスクを被りながら乗ってみたいぃィイーハーッ!と叫びたいところであるが、実はコチラの1台はCGである。インドネシア在住のアーティストDeviously Deviant氏が製作したものであるという。

しかしながら、海外のクルマ系ニュースサイトは、この作品を「This is Mad Max’s GT-R(これはマッドマックスGTRである!)」と力強く解説。製作者にその意図はなかったかもしれないが、常日頃から世紀末を考えるマッドマックス者であれば「This is Mad Max!」と言いたくなるデザインだ。

いつの日か来るであろう砂漠化&ガソリン不足&ヒューマン・ガス。砂ぼこり舞う荒野で生き残るには、このマッドマックスGTRくらいのマシンが必須であろう。

参照元:fractalifeautoevolution(英語)
執筆:GO


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング