人は親になると風邪をひく確率が半分に! しかも子沢山のパパママほど風邪にかかりにくいことが判明

ロケットニュース24 / 2012年7月9日 9時0分

人は親になると風邪をひく確率が半分に! しかも子沢山のパパママほど風邪にかかりにくいことが判明

子どもの笑顔や存在に日々癒されているパパママ、子どもがあなたに与えてくれるのはどうやら精神面の健康だけではないようだ。最新の研究結果によると、子どもがいる人はそうでない人と比べて風邪をひくリスクが半分なのだという。

米カーネギーメロン大学のスニード教授率いる研究チームが明らかにした。教授らは、成人795人を対象に行われた過去のある実験データを分析し、子どもがいる人といない人の健康面での違いを導き出した。

実験は、風邪を引き起こすウイルスが含まれた点鼻薬を被験者たちに使用してもらい、どのような人が風邪をひきやすいのか調査したものだ。結果、約3分の1に及ぶ被験者たちに風邪の症状がみられた。

スニード教授の研究チームがこの実験結果をさらに分析すると、子持ちの人が風邪をひく確率は子どもがいない人よりも52パーセントも低いことが判明。また、子どもの人数が多い親ほどより風邪をひきにくいこともわかった。

当初、このような結果になった理由として「一般的に子どもは風邪をひきやすいため、子どもと常に接する親の体内では自然と自らの身を守るための抗体がつくられているのではないか」と考えられた。

しかし、子持ち被験者たちの風邪ウイルスに対する抗体レベルを調べても、この理由を説明する明確な証拠は得られなかった。子どものいる人は、体内の抗体レベルに関わらず子どものいない人よりも風邪をひきにくかったのである。

現在も確固たる理由はわかっておらず、さらなる研究が必要であることは教授も認めている。そのうえで、教授はひとつの可能性として「親の精神面や行動になんらかの要因があるのではないか」と語っている。

まだまだわかっていないこともあるが、いずれにしても子どもがいるということが親にとって心身ともに健康でいられるひとつの要因であることは確かなようだ。パパママにとっては、可愛い我が子がさらに愛おしく思える研究結果ではないだろうか。

参照元:Science Daily(英文)
photo: flickr kelsey_lovefusionphoto


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング