アメリカ全土で記録的な猛暑日 / 暑さのためにすでに40人以上が死亡

ロケットニュース24 / 2012年7月12日 7時0分

アメリカ全土で記録的な猛暑日 / 暑さのためにすでに40人以上が死亡

暑さ対策の準備はすでにお済みだろうか? 夏本番を思わせるような暑い日が到来しているのだが、アメリカでは記録的な猛暑日が続き、ところによっては死者が出ているという。全米に3000カ所以上ある観測メーターのうち約2000カ所で、2012年6月の最高気温を更新しており40度を越える日も少なくない。早急な対策が必要のようだ。
 
アメリカの気象観測情報を伝える「National Climatic Data Center」によると、3282カ所に設置された観測メーターのデータを集計したところ、2284カ所で6月の最高気温を更新。998カ所で過去の最高と同じ気温を記録していたことが判明した。

記録更新した場所を赤く記す地図を見ると、全米がほぼ真っ赤。今夏が猛暑であることを容易に察することができる。7月初旬にはワシントン、フィラデルフィア、シカゴをはじめとする主要都市で40度を越える気温を記録しているという。

また南部や中西部では、6月末の豪雨で停電の続いている地域があり、暑さに注意をするように呼びかけている。日本でも夏の電力需要ひっ迫の懸念があるのだが、こまめな水分補給と塩分摂取で熱中症を避けるように心がけたいものである。

参照元:NDCD,NPR(英語)


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング