ソフトバンクが「プラチナバンドプラチナバンド」大騒ぎしてるけど、東京は三区しか適用されてないしdocomoとauはもともとプラチナバンドだからね

ロケットニュース24 / 2012年7月27日 15時0分

ソフトバンクが「プラチナバンドプラチナバンド」大騒ぎしてるけど、東京は三区しか適用されてないしdocomoとauはもともとプラチナバンドだからね

7月25日よりソフトバンクがサービスを開始した『プラチナバンド』。プラチナバンドがどういうものか簡単に説明すると、新しく免許が交付された900MHz帯の電波を使用することにより、いままで繋がりづらかった地下や屋内、山間部などで快適に通話ができるようになるものだ。

それにともないソフトバンクはCMなどの広告で大々的にプラチナバンドのスタートを宣伝しており、なかには「プラチナバンドのソフトバンク最強キター!!!」と思っている人もいるかもしれないが、そんな人にショックを与えそうな事実を今からお話したいと思う。

事実、docomoとauはソフトバンクがプラチナバンドと呼んでいる周波数帯はすでに使用しているので、 “もともとプラチナバンド” なのである。つまりシンプルに説明すると、プラチナバンドを開始したからといってソフトバンクが他社より繋がりやすくなるわけではなく、 “将来的にdocomo・auと同じぐらい繋がる可能性が出てきた” だけなのである。

さらに言うと7月26日現在、ソフトバンクが発表しているプラチナバンドのサービスエリアには47都道府県全てが含まれているわけではない。青森県や鹿児島県、島根県などは含まれていないし、東京都でも板橋区・豊島区・北区の一部地域のみ。正直広告のボリュームに比べ、サービスエリアの広さはまだまだといったところだ。

つまり、「プラチナバンド来たから俺はソフトバンクに変えるぞおおおおっ!!!」という人は、自分のいる地域がサービスエリアに含まれているか見てから変更した方がいいだろう。もちろん今後エリアはどんどん広がっていくと思うので、それを期待しての変更というのであればアリである。

とにかくまだソフトバンクのエリアが全てプラチナバンドになったわけではないということだけは、覚えておいた方がいいだろう。また、現ソフトバンクユーザーはエリアが適用されても古い機種だとプラチナバンドを使えないので、プラチナバンド対応製品についてもチェックしておくといいぞ。

参照元: ソフトバンクモバイル エリア拡充日次速報, エリアマップ


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング