オリンピック期間は特に使えそう? 一定期間、特定ユーザーをアンフォローできる「Twitter Doghouse」

ロケットニュース24 / 2012年8月1日 15時0分

オリンピック期間は特に使えそう? 一定期間、特定ユーザーをアンフォローできる「Twitter Doghouse」

オリンピックやサッカーの試合が盛り上がるとツイート数が一気に増える人。好きなドラマやTV番組が始まるやいなやツイッター上でひとり実況中継を始める人。ツイッターの発信方法はさまざまだ。

同じくフォロワーの受け取り方もさまざま。膨大な連続ツイートは正直見たくない……と思うときもあるだろう。そんなとき、使えそうなサービスが登場した。「Twitter DogHouse」という一定期間あるユーザーをアンフォローできるというサービスだ。

現在は英語版しかないようだが、使い方はとっても簡単。まず、「Twitter DogHouse」のトップページからツイッターのアカウントでログインし、アンフォローしたいユーザーを選択する。次にアンフォローしたい時間を設定。最短1分から、最長でも何日まででも設定できる。

そして、アンフォローをする相手に対して、フォローを解除する時と再開する時に送るツイート内容を選択する。メッセージのパターンがいくつかあり(英語)、「ツイート数が多すぎるから一旦 “Twitter DogHouse” に入れるわ!」という内容のメッセージなどを入れられる。自分で気の利いたメッセージを入れることも可能だし、何もツイートせずにただ一定時間フォローを解除することもできる。

最後に「Add to DogHouse」ボタンを押せば、これで完了だ。アンフォローしたユーザーのリストが、再フォローするまでの残時間と共にページに表示される。

なお、アンフォローする相手に送るツイート内容については、相手のことを思えば何も知らせないのが無難である気もするが、フォロアーリストなどから、フォローが解除されたことに気付くことも十分にありうる。そのあたりは相手との関係性によって、気を遣った方がいいかもしれない。

もしくは、連続ツイートする人自らが「Twitter DogHouse」を提案するのもいいアイデアだろう。「これからサッカーの試合中ツイート数が膨大になるので、うざかったら “Twitter DogHouse” でアンフォローしちゃってください」といった具合に。

今までにないサービスなだけに、今後「Twitter Doghouse」がツイッターユーザーにどれほど活用されるかは未知数だが、海外ユーザーの間ではかなり話題になっているようだ。より快適なツイッターライフをおくりたい方はぜひ一度試してみてはいかがだろうか。

(文=佐藤 ゆき
参照元:MashableTwitter DogHouse(英文)


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング