ゆるふわ系女子「キャバクラの存在理由がわからない。女子と会話したけりゃ女友達呼んで酒飲めばいいじゃん」

ロケットニュース24 / 2012年8月17日 15時0分

「キャバクラの存在理由がわからない。女子と会話したけりゃ女友達呼んで酒飲めばいいじゃん」と語るのは、自称・ゆるふわ系女子の菊山アリサちゃん(36歳)。わざわざお金を出して男子がキャバクラに行く理由がまったく理解できないという。

平均的なキャバクラの料金は、1時間で8000~10000円程度だろうか。確かに安いとは言えないが、キャバ嬢とのコミュニケーションを楽しみにキャバクラに通う男子が多くいるのは確かだ。しかしアリサちゃんは、女友達と一緒にお酒を飲めばキャバクラと同じなんじゃないかと語る。
 
・菊山アリサちゃんのコメント
女子と会話したいなら女友達を呼んで居酒屋とかバーで飲めばいいんじゃないの? キャバクラに恋愛を求めていくっていう男子もいるけど、キャバ嬢は商売でやってんだから「マジ恋愛」になることなんて稀っしょ。どうせなら女友達にお酒おごってやったほうが何倍も恋愛に繋がると思うんだけど、いかがっすかねー?(コメントここまで)
 
……と語るアリサちゃんだが、実際にキャバクラに行って楽しんでいるという男子の皆さんはどうお思いだろうか? まあ、キャバ嬢は商売としてやっている以上はコミュニケーションのプロなわけだし、普通の女子とは違った魅力があるのかも?


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング