襲撃された丹羽大使が中国の取材に対し「両国のために騒ぐべきではない」「早く収束してほしい」 / 中国人「丹羽大使はいい日本人」

ロケットニュース24 / 2012年8月29日 15時0分

襲撃された丹羽大使が中国の取材に対し「両国のために騒ぐべきではない」「早く収束してほしい」 / 中国人「丹羽大使はいい日本人」

8月27日、中国で丹羽宇一郎大使の乗った車が襲われ国旗が奪われるという事件が起き、日本中が驚いた。日本側は中国へ抗議し、翌28日に大使は日本に向けて「極めて遺憾である」と談話を発表している。

その談話を発表した当日に大使は中国人ジャーナリストのインタビューを受け、事件について両国の関係悪化を避けるためあまり騒ぐべきでないとの旨を話したそうだ。

丹羽大使にインタビューをしたのはジャーナリストの徐静波さんだ。インタビューは北京にある日本大使館で行われた。事件直後だったこともあり、大使館は物々しい警備だったものの、インタビュー自体はくつろいだ雰囲気で行われたようである。

徐さんのブログによると、丹羽大使は「事件が中国の新聞の一面に載るとは思わなかった」と話したという。

まず、事件については、重大な外交事件であり、日本政府・大使館としては中国政府に抗議するのは当然とした。その上で、「日中関係が微妙になっているこの時期に、この事件が大きく騒がれると必ず両国の関係に影響が出るでしょう。大使館職員には冷静に処理し、両国の関係の悪化を避けるよう指示している」と事件が両国に及ぼす影響を懸念を示した。

襲った人物については、「車を襲った人物がどんな人かわかりません。しかし人として、自分の感情をコントロールし適切な方法で表現できるようになった方がいいでしょう。その点でも教育は重要なのです」と語ったそうだ。

また、丹羽大使は日本と中国は単なる「隣人関係」ではないとした。両国の関係は夫婦同然、好きであろうと嫌いであろうと、大喧嘩しようとも、別れたくとも別れられない関係だという。だからこそ、両国の発展のためにお互いを理解し歩み寄るべきだとしている。この観点から見ても、襲撃事件騒動は早く収束してほしいと考えているそうだ。 
  
ブログには、日本への恨みを口にするコメントも見受けられるものの、中国ネットユーザーから

「感動した!」
「彼は中国の友人だ」
「丹羽大使はいい日本人だ」
「みんな彼を尊敬すべきだよ」
「丹羽大使は賢く、視野が広い政治家だ。日本にこのような政治家が少ないのが残念」
「こんな事件を起こした中国人が恥ずかしい!」

と、大使を評価・支持する声が上がっている。
 
大使は日本へは談話を発表しているものの、特にインタビューなどがされた様子はない。ちなみに丹羽大使は尖閣諸島の東京都購入への反対発言が原因で秋に交代が決まっている。その前にぜひ日本国民への生の声を聞いてみたいのだが……。

なお、事件については日本側の抗議を受け中国側は謝罪。犯人と見られる男も拘束したと伝えられている。また、中国共産党系の新聞でも「国旗を引き抜いたのは愚かな行為」と批判だ。この件に関しては中国側も早めの収束を願っているようである。

参照元: 徐静波 品味日本(中国語)


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング