特別感たっぷり!? 海外メディア記者が明かすツイッターの公式アカウント認証のプロセスと専用サービス

ロケットニュース24 / 2012年9月2日 15時0分

特別感たっぷり!? 海外メディア記者が明かすツイッターの公式アカウント認証のプロセスと専用サービス

著名人だからこそ手にできるVIP向けの待遇やサービスというのは、一般人には到底想像がつかないものだし、その内実は知られていないことがほとんどだ。たとえば、ツイッターの「公式アカウント認証」もその一つ。

「公式アカウント認証」は他人が著名人になりすますのを防ぐために、ツイッターがアカウントを認証するというサービス。どのような基準で認証されるのかなど詳細は明らかではないのだが、つい最近この公式アカウントの認証を受けた海外メディアMashableの記者であるLance Ulanoff氏が認証されるまでのプロセスと認証アカウント向けの特別サービスについて明かした。
 
・認証対象を選ぶ基準はあるのか?
2008年にツイッターのアカウントを開設して以来、4万4000ものフォロワーを持ち、22000ものツイートを書いてきたツイッターヘビーユーザーのUlanoff記者。だが待てど暮らせどアカウントを認証したいというオファーは一向に来なかった。一体、認証対象はどのように選ばれるのか? ツイッターの公式サイトには次のように書かれている。

「Twitter は、ユーザーが探しているアカウントを見つけやすいように、積極的なアカウント認証を継続的に行っています。音楽、演劇、ファッション、政府、政治、宗教、ジャーナリズム、メディア、広告、ビジネス、その他の注目分野など、多くの人に検索されるユーザーに焦点を絞っています。ビジネスパートナーや、なりすましの対象となるリスクが高い個人などを認証することもあります。」

以上の基準に基づくと、Ulanoff記者の自己評価は「ジャーナリズムの分野において、多くの人に検索されるユーザーだと思うが、なりすましの対象となるほどではないかも」という微妙なものだった。
 
・フォロワー数は関係ない!?
同業者で認証されているユーザーを悶々とした思いで見つめながら、自分が認証されない原因を考えていたある時、自分と似たプロフィールで認証されているユーザーが5万人のフォロワーをもっていることを発見。「フォロワー数が原因だったのか!」と彼はひらめいた。

彼は「5万人のフォロワー」が認証の目安かと考えた。しかし、ツイッターの広報担当に確認したところ、フォロワー数が5万人以下でも認証されることはあるし、フォロワーの数は認証対象の基準ではないと説明され、彼の期待はあっさり否定されてしまった。
 
・その日は突然訪れた
認証されるための秘訣を知りたいとウズウズしていたところ、その日は突然訪れた。ツイッターからダイレクトメッセージが届いたのだ。

「我々ツイッターはあなたのアカウントを認証できればと思います。次のリンクをクリックし、手続きを進めてください」アカウント認証のオファーメールだ!

スパムじゃないかという不安が一瞬頭をよぎるも、リンクをクリックしたところ、ツイッターのサイトが表示された。そのページには、以下の3つのプロセスが表示されていた。

パート1.「効果的にツイートする方法を学ぼう」
パート2.「興味深いツイッターユーザーたちとつながろう」
パート3.「あなたのアカウントを保護しよう」
 
・認証されるまでのプロセス
3つのパートはそれぞれ次のような内容だった。まず、パート1「効果的にツイートする方法を学ぼう」ではいくつかのツイート例が示され、どちらがより効果的なツイートかを尋ねてくる質問形式の内容。難なくこなせたそうだ。

その次、パート2「興味深いツイッターユーザーたちとつながろう」では、他の認証済みのユーザーをフォローすることで自分の「信用性」を高めることができるという内容を見せられたという。認証済みユーザーの間でしか知られていない非公表の情報やりとり方法をツイッターが教えてくれたそうだ。

そして、パート3「あなたのアカウントを保護しよう」が認証手続きで一番大事な部分。ツイッターに自分の電話番号を教えて、自分のアカウントに何かトラブルがあった際に連絡がとれるようにするのだ。こうしてUlanoff記者は無事に認証手続きを終えた。
 
・認証されて変化したこと
認証されたことで変化したことがいくつかあるとUlanoff記者は語る。まず、ツイッターの許可を得なければハンドル名を勝手に変えられなくなったそうだ。

また、なんと約2000ものフォロワーが突如姿を消したという。彼が推測するに、ツイッターがスパムアカウントを削除してくれたのだろうとのこと。

さらに、ツイッターからウィークリーレポートが送られフォロワーを増やすコツを教えてもらえるのだという。なんとも特別感満載のサービスだ。
 
ようやくツイッターに公式に認証されたUlanoff記者。認証ユーザーだからこそ与えられるサービスを手にし、気分は上々のようだ。とりわけ長年待ち続けていた分、喜びもひとしおであろう。彼の記事は次のように締めくくられている。

「今日僕を見た人は、いつもより足が弾み、目は輝き、顔はにやけていると思うかも。僕はツイッターに認証された。いい気分だよ」

(文=佐藤 ゆき
参照元:Mashable(英文)、Twitter


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング