あまりのウマさに牛タンの見方が変わる!? 仙台でも評判の牛タン焼専門店「司」に行ってみた!

ロケットニュース24 / 2012年9月4日 12時0分

あまりのウマさに牛タンの見方が変わる!? 仙台でも評判の牛タン焼専門店「司」に行ってみた!

記者(私)は諸事情により、最近何度か仙台に出かける機会があった。仙台のおいしいものと言えば、真っ先に浮かぶのが牛タンである。行くたびに牛タン専門店に足を運んだのだが、正直申し上げてビックリするようなお店には出くわしていなかった。地元のタクシー運転手に尋ねても「どこも一緒よ」と、やや冷めた回答しか得られない。

しかしどうやら、それは間違いであった。とある人物が紹介してくれたお店、牛タン焼専門店「司」の牛タンは、これまで食べてきた牛タンとは一線を画し、記者は牛タンの見方が変わった。今でも思い出すだけで、口の奥から唾液がにじみ出てくる。そのウマさをお伝えしようと思う。

お店を紹介してくれた「仮名:小林さん」は、全国を渡り歩く営業職の人物。長年培った足と舌で、さまざまな地方のうまいものを知り尽くしている。その彼に、「仙台の牛タンってどこも同じですかねえ」と話すと、彼は矢のように鋭い目でこう言った。「違うね、全然違うね。次に仙台に行く機会があったら、司に行くといい」。

彼はこのお店を痛く気に入っているようで、記者の物言いが気に入らなかったようだ。殺気立った視線を投げかけ、出来るだけ静かにそのお店を教えてくれたのである。本当に怖かった……。

彼のすすめ通りに、再び仙台を訪れるとまっすぐに司へと向かった。小林さんが目の色を変える理由が、お店に入るとすぐにわかった。まずメニューが違う。他の牛タン焼き店(少なくとも記者が訪ねたお店)の場合、居酒屋を兼務している場合があり、メニューに居酒屋メニューが併記されていることがある。メニューひとつとってもこだわりが違う。

そして、そのバリエーションにも驚いた。定番の「牛タン(焼き)」、「タンシチュー」のほかに「牛タンの生ハム」や「牛タンのつくね」まである。創意工夫をしている様子がメニューからも伝わってきたのだ。それらのなかでも記者は牛タン(焼き)と、生ハムに感激した。

・牛タン焼き
牛タンというと、コリコリとした歯ごたえを楽しむという印象がある。もちろん歯ごたえあっての牛タンといっても過言ではない。しかしここの牛タン焼きは、歯ごたえのなかに柔らかさがあり、こんがりと焼けた表面を突き抜けると、ふわりとした柔らかさに遭遇するのだ。それはまるで、深く暗い森のなかで美女に出会ったような驚きと感動がある。なんでも、岩手県産のナラの木の炭を使用しており、強い火加減を維持しているそうだ。それにより外はこんがり、なかは柔らかにタンに仕上がっている。

記者の頭にあった「タンとはかたいもの」という概念は打ち崩された。しかも、長時間煮込むことなくタンの柔らかさを保っていることに、衝撃を受けたのである。

・牛タンの生ハム
そして生ハムにも驚いた。ハムは通常、豚肉で作る。鶏肉のハムというのも存在するのだが、牛タンというのはなかなかお目にかかることができない。薄くスライスされたハムは、タン本来の肉質を保っているので、豚ハムとは違う歯ざわりを楽しむことができる。豚ハムと比べると、ややさっぱりしている。黒胡椒が上手にタンの甘さを引き出してくれていた。記者は個人的に、これとルッコラを散らしたピザを食べてみたいと思った。

実はこのお店、地元仙台の人も高く評価しているそうだ。牛タンはどこで食べても同じと思っている方は、ぜひ一度お試し頂きたい。牛タンの見方が変わるはずである。なお、記者が帰京後に小林さんに謝ったのは言うまでもない。

■ 店舗情報 牛タン焼専門店「司」 虎鉄店
住所:仙台市青葉区一番町四丁目4-6
営業時間:17:00~23:00
定休日:不定休

レポート:フードクイーン・佐藤
Photo:Rocektnews24


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング