【武雄市グルメ】九州の駅弁グランプリで優勝した『佐賀牛すき焼き弁当』を定食として食べられる唯一の食堂 / カイロ堂

ロケットニュース24 / 2012年9月4日 19時0分

【武雄市グルメ】九州の駅弁グランプリで優勝した『佐賀牛すき焼き弁当』を定食として食べられる唯一の食堂 / カイロ堂

九州といえばグルメな地域だ。博多ラーメンは濃厚なスープと独特の麺が美味しいし、炭火で焼いた宮崎地鶏もプリプリッとした肉質が絶品だ。特に関あじの刺身は日本酒にピッタリでクセになる。しかし九州グルメで忘れてはならないのが、佐賀牛だ。

皆さんは、佐賀牛のA5等級(つまり最高級レベル)の肉のみを使用した駅弁『佐賀牛すき焼き弁当』が、九州の駅弁グランプリで優勝したのをご存知だろうか? この駅弁は佐賀県武雄市で作られているもので、武雄市を訪れる旅人の多くが購入しているという。そんな『佐賀牛すき焼き弁当』を定食として食べることができる唯一の食堂といえば『カイロ堂』だ。

駅弁なので弁当箱に入れられて売られている『佐賀牛すき焼き弁当』だが、『カイロ堂』では重箱に盛り付けされた『佐賀牛すき焼き弁当』を堪能することができる。味噌汁とサラダ、そして漬物がついてくる。「駅弁と定食どっちが先にできたの?」という話は置いておこう(笑)。

定食は、ただでさえ美味しい『佐賀牛すき焼き弁当』をよりリッチな雰囲気で食べることができる。なによりも嬉しいのが、『佐賀牛すき焼き弁当』と一緒に武雄焼のコーヒーカップでコーヒーを飲むことができるという点。武雄焼とは、武雄市で焼かれた陶器のことで、個性的でありながら繊細な質感をしているものが多い。

『カイロ堂』はJR武雄温泉の構内にある。到着したときでもいいし、旅のシメとして食べてから帰路についてもいい。気になる『佐賀牛すき焼き弁当』の味はどうなのかって? 佐賀牛は「霜降りなのにスーッと喉を通っていくスッキリさ」を感じることができる非常に稀な高級牛。それだけに、牛肉のウマミを感じさせつつ後味が絶妙な塩梅(あんばい)の料理に仕上がっている。

忘れてはならないのが、武雄市のレモングラスを使用したレモングラスブリュレ。注文を受けてから焼き目をつけて香ばしさを出しつつ、「フレッシュ極まりないレモングラス」のほどよい酸味が身も心も虜(とりこ)にする。武雄焼のコーヒーとの愛称はバツグンだ。ーーーそして幸せが訪れる。
 
・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 カイロ堂
住所 佐賀県武雄市武雄町大字富岡8249-4(JR武雄温泉駅内)
時間 9:00~18:00
休日 無休
 
Correspondent: Kuzo


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング