【サハリン/樺太】日露国境に置かれていた国境標石が人気 / サハリン州立郷土博物館に行ってみた

ロケットニュース24 / 2012年9月10日 21時0分

【サハリン/樺太】日露国境に置かれていた国境標石が人気 / サハリン州立郷土博物館に行ってみた

たびたびロケットニュース24ではサハリン(樺太)の記事をお伝えしてきたが、今回は「サハリン州立郷土博物館」をご紹介したいと思う。

この博物館は1937年、建物設計者である貝塚良雄の設計によって建築され、日本統治時代は「樺太庁博物館」として存在していた。現在は、当時の展示物を一部引き継ぎ、「サハリン州立郷土博物館」として生まれ変わっている。

さて、この博物館で日本人に人気なのが日本時代の資料や展示物だ。特に北緯50度線上に配置されていた国境標石が大人気でこの標石を見ようとサハリンに行く日本人もいる。

ここで展示されている国境標石は全部で2つだ。1つがオホーツク海側に置かれていた本物の「天1号標石」で、もう1つがレプリカのモノである。当然、本物である「天1号標石」が人気で筆者が訪れたときも何人かの人が写真撮影をしていた。

ちなみに、この博物館では入場料以外にお金を支うと写真撮影がOKとなる。なんとも日本人にとっては信じられない仕組みだがこれが現実なのである。

とにかくこの博物館には日本統治時代の多くの資料がお目にかかれる。「歴史に興味がある」「日本統治時代の樺太はどんな場所だったのか知りたい」 と、そんなことをお思いの方はぜひ一度訪れてみるといいだろう。ただしすべてロシア語なのでそこはご注意を。

写真: Rocketnews24
執筆: Yoshio


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング