日本で初めて味噌ラーメンを作ったラーメン屋 / 日本で初めてラーメンライスを作ったラーメン屋 → どっちも同じ店でした

ロケットニュース24 / 2012年10月5日 16時0分

日本で初めて味噌ラーメンを作ったラーメン屋 / 日本で初めてラーメンライスを作ったラーメン屋 → どっちも同じ店でした

日本で初めて味噌ラーメンを作ったラーメン屋『味の三平』は、日本で初めてラーメンライスを作ったラーメン屋でもあるという。ダブルで「日本初」なわけで、非常に興味がわくラーメン屋である。これは一度は行っておかなくてはなるまい。ということで行ってみた。

・定番の味だが非常にライト
味噌ラーメンのスープは非常にライトでサッパリとしている。よく知られている一般的な味噌ラーメンのような濃さはなく、そのぶん野菜や麺のウマミを強く感じるテイストに仕上がっている。つまり、スープはダシのごとく「隠し味的な存在」として具と麺を盛りあげているわけだ。

・ライスは茶碗ではなく皿で出す
ラーメンとライスがセットになった「ラーメンライス」を初めて考案しただけあって、ライスを盛りつける器にもこだわりがあるようだ。米飯を皿に盛るので「ライス」と呼んでいるらしい。茶碗に盛る場合は「ごはん」ということになるのだろうか?

ライスのデキだが、米にやや水分が多いようにも感じたがライトな味噌ラーメンのスープにほど良くマッチしており、野菜がたっぷりと入った薄味の味噌汁と一緒にご飯を食べているような感じになる。まあ、そのままだが(笑)。

・ラーメン好きなら経験として一度は行くべき
いま主流となっている味噌ラーメンはもっと濃く、そして特徴を強く感じるものが多い。それゆえ、ここの味噌ラーメンを食べて物足りなさを感じる人もいるかもしれない。だが、それこそ人の好みとしかいえない部分であり、何が良くて何が悪いという話にはならない。

インパクトが欲しい人、もっと濃くてハッキリとした味が好きな人には向いていない。だが、ジンワリと伝わってくる美味しさを求めるのであれば、『味の三平』はピッタリのラーメン屋といえるだろう。そもそも、日本初がダブルであるラーメン屋なのだから、ラーメン好きなら経験として一度は行くべきである。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 味の三平
住所 札幌市中央区南1条西3丁目2 大丸藤井セントラル4F
時間 11:00〜18:30
休日 月曜・第二火曜

Correspondent: Kuzo


画像をもっと見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング