なぜか涙が溢れそうになったおばあちゃんの言葉「あったかいお金だぁ」

ロケットニュース24 / 2012年10月5日 6時45分

なぜか涙が溢れそうになったおばあちゃんの言葉「あったかいお金だぁ」

北海道・長万部町を取材した際、もうすぐ店をやめるという『むらた玩具店』のおばあちゃんと出会った。町の人口がどんどん減り続け、子どもたちが店にこなくなったのだという。たまにやってくる子どもたちのために「くじ引き」だけは置いていたが、それももう限界のようだ。

詳細は過去に掲載した記事『子どもたちに愛されてきた玩具店が閉店へ / 人もいなくて子どももいなくなった』をお読みいただきたい。筆者(私)は個人的にくじを引いてみようと思い、1回30円のスーパーボールが当たるくじを3つ購入した。合計90円。筆者は店に入る前からくじを引こうと思っていたため、ずっと小銭を握っていた。

そして支払いのときおばあちゃんに90円を渡したのだが、そこでおばあちゃんが言ってきた言葉に、涙が溢れそうになったのだ。どうして涙が溢れそうになったのかわからない。感動話や悲しい話をしたわけではない。ただ単におばあちゃんは「あったかいお金だぁ……。こんなあったかいお金久しぶりだぁ」と言ってきただけなのだ。

子どもたちがあまりこないため、硬貨から伝わるぬくもりをおばあちゃんが久しぶりに感じ、その言葉を口にしたのだろうか。筆者は普通の会話では出てこない言葉を耳にしたため、「人との関わり合い」という部分に大きな衝撃が走り、心の琴線に触れたのかもしれない。

ちなみに、筆者はおばあちゃんとのやり取りを動画で撮影していたが、その言葉が出たとたん、瞬時に録画をオフにして一時停止してしまった。すぐに録画を再開したが、筆者にとって大きく深い言葉であったのは確かである。
 
Correspondent: Kuzo


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング