【マニアック】ドイツの酒造メーカーが「美女のおっぱい」にブッかけたお酒を販売開始!!

ロケットニュース24 / 2012年10月10日 0時0分

【マニアック】ドイツの酒造メーカーが「美女のおっぱい」にブッかけたお酒を販売開始!!

ドイツのとある酒造メーカーが、今までにないまったく新しいお酒を誕生させた。三種のスピリッツをそれぞれ美女のおっぱいに浴びせかけて、瓶詰めしたお酒を販売しているのだ。もう一度お伝えしよう、お酒を美女のおっぱいにかけて、それを瓶に詰めて販売しているのである。まったく何のことか理解できないかもしれないが、とにかく「マニアック」と言わざるを得ないお酒が誕生した。

奇妙なお酒の販売を開始したのは、ドイツの酒造メーカー「G-Spirits」だ。同社は、ラム・ウィスキー・ウォッカをそれぞれ美女の胸にかけたうえで、ひとつの商品として提供を開始した。

これは単なるプロモーション用の冗談ではなく、本当に商品化してしまったのだ。しかも製造(?)に携わっている女性は、トップモデル。2012年にハンガリーのプレイメイト・オブ・ザ・イヤーに輝いたアレクサ・ヴァーガをはじめとする三人は、絶世の美女といっても言いすぎではない。

商品は各5000本の限定生産で、瓶には美女のサインと、「おっぱいにかけた」という保証書がつくとのこと。ちなみに販売価格は、ラムが129ユーロ(約1万3000円)、ウィスキーが139ユーロ(約1万4000円)、ウォッカが119ユーロ(約1万2000円)となっている。

なお衛生面に関しては、ドイツの公共保健所の必要な審査を通過しており、問題ないとのことだ。日本に入荷できるのかは不明。ちょっと飲んでみたい気もするが、一体何を期待して良いのか戸惑ってしまう……。「マニアック」というよりほかない、奇妙なお酒であることに違いないだろう。

参照元:OODITYCENTRAL,G-Spirit(英語)


画像をもっと見る

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング