「あまりにも長くて太いうどん」を食べてみた

ロケットニュース24 / 2012年10月29日 12時0分

「あまりにも長くて太いうどん」を食べてみた

うどんがたったの2本。だけどちゃんと一人前の分量があります。とても太くて長い2本のうどんがドーンと丼に入っているわけです。そんなうどんが存在することは以前から有名なのでご存じの方も多いと思いますが、今回は実際に食べてみることにしました。

そのうどんは『たわらやうどん』という名称で提供されていて、京都市にある老舗『たわらや』で食べることができます。事前に予約をしないと麺が売り切れることもあるらしいので、今回は予約をして行きました。

目の前に出されたうどんは、今まで見たこともないほど太くて長く、そして硬い。太くして硬くしないと強度が弱くなり、茹でているときに切れてしまうからでしょう。うどんをしっかりとつまんで持ち上げてみると、信じられないくらい長いことが判明しました。これはスゴイ! 座ったままの状態ではありますが、自分の頭よりも上まであがりました。

その味は、非常に団子汁の団子のようでした。すいとんにも近いですね。コシがあるので噛んでいて楽しく、噛めば噛むほどうどんの味が広がっていきます。汁は非常に薄味で、ダシもシンプル。人によっては物足りないと感じるかもしれませんが、これはこれで縁起物として食べるのが良いでしょう。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ
店名 たわらや
住所 京都府京都市上京区御前通今小路下ル馬喰町918
時間 11:00~16:00
休日 火曜日

Correspondent: Kuzo


この記事をロケットニュース24で読む

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング