【ロマンホラー】耳をちぎり取られた「耳なし芳一」が住んでいた阿弥陀寺に行く / 無念だが命は奪われず

ロケットニュース24 / 2012年10月31日 21時0分

【ロマンホラー】耳をちぎり取られた「耳なし芳一」が住んでいた阿弥陀寺に行く / 無念だが命は奪われず

南無阿弥陀仏 さらばじゃ……。毎夜のように平家の怨霊にたちに琵琶の音色を奏でていた琵琶法師がいた。怨霊から逃れるための術が甘く、最後には怨霊に耳をちぎり取られてしまった。その琵琶法師の名を「耳なし芳一」という。

芳一は明石覚一がモデルとされているが、それは確定されたものではない。今回、芳一の木像が安置されている阿弥陀寺(赤間神宮)に出向いた。そこには芳一堂があり、いまにも琵琶を弾きだしそうな芳一の木像が鎮座していた。

阿弥陀寺には芳一の木像が置かれているだけでなく、芳一が過ごしていた場所としても有名。つまりこの場を舞台として、怨霊と芳一の物語が生まれたわけだ。芳一堂の真横には平家一門の塚もある。

芳一は、怨霊から身を守る般若心経を耳に書き忘れてしまったことが原因で、耳を強引に引きちぎられてしまった。耳を失ったことは無念だろうが、命だけは奪われることがなかった。この芳一の木像は、いまも静かに琵琶を奏で続けている。

名称 阿弥陀寺(赤間神宮)
住所 山口県下関市阿弥陀寺町4-1

Correspondent: Kuzo


この記事の動画を見る

●関連記事

ロケットニュース24

トピックスRSS

ランキング